買い物かごへ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

定価(税込)  2,420円

著者
サイズ A5判
ページ数 248頁
ISBNコード 978-4-526-08085-2
コード C3034
発行月 2020年09月
ジャンル 生産管理

内容

いま必要な新しい管理会計の在り方について、会計上のKPIに則って解説する管理会計の入門書。従来のKPIの考え方によって生じている問題点を指摘し、新しいKPIによる正しい管理で事業を復活させる方法を指南する。とくに、「KPIを良く見せる」小手先の手法と「会社を本当に良くすること」の違いを徹底的に分析。

吉川武文  著者プロフィール

(よしかわ たけふみ)
生産技術者〜公認会計士〜グローバル企業工場長

 東京工業大学・工学部修士卒。複数の大手メーカーでカイゼンやコストダウン、子会社再建、品質向上、自動化の推進、製品開発などに従事。品質安定化による社長表彰、新しい発想での生産革新や生産性向上による工場復活でプレジデント表彰を受けるなど、30年におよぶモノづくりの豊富な実地経験と成果を有する異色の公認会計士。出願特許多数。

 製造業の最前線で、従来のモノづくりや設備投資やプロジェクト管理の在り方などに強く疑問を感じ40歳で会計士を志す。生産技術部門の管理者としての業務の傍ら原価計算を深く研究し独学で会計士試験に合格。監査法人トーマツのマネージャーなどを経て財務監査、IT監査、省エネ審査、CO2排出権の審査にも従事。「数字を作る立場」「数字を実際に使う立場」の両面から会計と経営を考えることのできる風変わりな会計士(付加価値の会計士!)であると共に、地球環境を憂える気象予報士でもある。会計士登録後はスウェーデンの大手グローバル企業の日本工場長として実地に工場経営に携わり、付加価値会計の考え方に基づく経営革新を実践。王子経営研究会のメンバーと共に本気で業績回復を目指す新たな国内のフィールドと同志を募っている。(t.yoshikawa@ms01.jicpa.or.jp)

 モノづくりと会計と人を愛し、製造業の新たな成長の可能性を確信する。日本中の現場で「技術者だったのになぜ会計士?」と問われる度に、「コストの知識なくしてコストダウンはできません。製品開発も設備投資も生産革新も成功しないのです」と繰り返し説明しなければならない日本のモノづくりの現状を変えたいと願う。大切にしている言葉は「勇気と感謝」、信条は「ヒトはコストではなく資源」著書に「モノづくりを支える管理会計の強化書」「生産技術革新によるコストダウン戦略の強化書」「図解! 製造業の管理会計入門」「豪雨の時代を生き抜く!日本100年の希望」など10冊。


目次

はじめに…やるべきことは、たくさんある!

Ⅰ.利益率と付加価値…全ての経営の出発点となる最重要KPI

第1話 どんなKPI?/今改めて、利益率って何ですか??
第2話 どんなKPI?/付加価値と付加価値率
第3話 どんなKPI?/付加価値と利益の違い、わかりますか?
第4話 どんなKPI?/流通業の損益計算と付加価値
第5話 どんなKPI?/製造業の損益計算と付加価値
第6話 従来のKPIの限界/付加価値が全くわからない!
第7話 従来のKPIの限界/従業員のしらけの原因!
第8話 従来のKPIの限界/迫る危機が見えない!
第9話 V字回復への行動/まずは付加価値を明らかにする
第10話 V字回復への行動/付加価値こそが、全員の目標
全員のモチベーションを高めるヒント

Ⅱ.損益分岐点…明日の行動を決めるKPI

第11話 どんなKPI?/損益分岐点って何ですか??
第12話 従来のKPIの限界/損益計算が招く致命的誤解!
第13話 従来のKPIの限界/利益±ゼロじゃあ、全然ダメ!
第14話 従来のKPIの限界/これが現実! 危険な判断
第15話 従来のKPIの限界/費用の3区分に必然性なし!
第16話 従来のKPIの限界/変動費と固定費の違い理解
コラム①…固定費は変えられない?
第17話 従来のKPIの限界/自己資本はタダじゃない!
第18話 V字回復への行動/資本コスト(WACC)を管理する
第19話 V字回復への行動/WACCを周知し、必達する!
第20話 V字回復への行動/損益分岐点もWACC達成が目標
従業員の意識を高めるためのヒント

Ⅲ.原価差異…コストダウンの成否を握るKPI

第21話 どんなKPI?/原価差異って何ですか?
第22話 どんなKPI?/原価差異はどこで発生しているか?
第23話 従来のKPIの限界/差異が見えなければ成長もない!
第24話 V字回復への行動/差異分析の定石をきちんと実践
第25話 V字回復への行動/差異が見えれば、次の手が見える
第26話 V字回復への行動/正しいコストダウンの方法を知る
第27話 V字回復への行動/活動成果をしっかり可視化する
第28話 V字回復への行動/費用の逃げ回りを防止する
第29話 V字回復への行動/何かを目指す=PDCAを回す
第30話 V字回復への行動/現状と目標の差異をしっかり表現
本気でやるコストダウンのヒント

Ⅳ.生産性…会社の基礎体力を測るKPI

第31話 どんなKPI?/そもそも生産性って何ですか??
第32話 従来のKPIの限界/カイゼン不正の手口・その1
第33話 従来のKPIの限界/カイゼン不正の手口・その2
第34話 従来のKPIの限界/付加価値生産性が見えない!
第35話 従来のKPIの限界/ホワイトカラーを評価できない!
第36話 従来のKPIの限界/現実を見ないゆえの悲劇!
コラム②…見えないものとは戦えない
第37話 V字回復への行動/変動費はコスト、固定費は資源
第38話 V字回復への行動/カイゼン不正の悲劇を終わらせる
第39話 V字回復への行動/新しい生産性評価の指標2つ
第40話 V字回復への行動/「作る」から「創る」が生まれる
ホワイトカラーに、本気になってもらうためのヒント

Ⅴ.在庫回転数…経営にムダがないことを示すKPI

第41話 どんなKPI?/在庫回転数って何ですか??
第42話 どんなKPI?/在庫回転数の計算方法
第43話 従来のKPIの限界/棚卸日だけ減らせばよい?
第44話 従来のKPIの限界/棚卸日に繰り返される大混乱
第45話 V字回復への行動/不正直指数をゼロにする
第46話 V字回復への行動/サプライチェーン全体の管理へ
第47話 V字回復への行動/5つの在庫回転数を管理する
第48話 V字回復への行動/現金預金と売上債権も管理
第49話 V字回復への行動/滞留在庫は回転数から切り離す
第50話 V字回復への行動/原材料は持つ? 持たない?
会社の風通しを良くするためのヒント

Ⅵ.固定資産回転数とROA…資産管理の要となるKPI

第51話 どんなKPI?/固定資産回転数って何ですか??
第52話 どんなKPI?/固定資産回転数の計算方法
第53話 従来のKPIの限界/減価償却は、とても恣意的!
第54話 従来のKPIの限界/今、減価償却は大混乱!
第55話 従来のKPIの限界/オフバランス化という闇!
第56話 V字回復への行動/取得原価による回転数の計算
第57話 V字回復への行動/即時償却のススメ
第58話 V字回復への行動/ROAに及ぼす影響を理解する
第59話 V字回復への行動/ROAの原点に立ち返る
第60話 V字回復への行動/時代は「作る」から「創る」へ
古い常識を乗り越えるためのヒント

Ⅶ.内部収益率IRR…設備投資の意思決定をするためのKPI

第61話 どんなKPI?/大企業でも勘と気合の設備投資
第62話 従来のKPIの限界/割引計算への深刻な誤解!
第63話 どんなKPI?/正味現在価値法って何ですか??
第64話 従来のKPIの限界/プロジェクトの比較はできない!
第65話 V字回復への行動/内部収益率法を使いこなす
第66話 V字回復への行動/表計算ソフトを使いIRRを求める
第67話 V字回復への行動/内部収益率法であるべき理由
第68話 V字回復への行動/株式会社とは何だったかの確認
第69話 V字回復への行動/研究開発プロジェクトにも応用
第70話 V字回復への行動/キャッシュフローと損益計算を整合
会社の株価を回復するためのヒント

Ⅷ.流動比率と自己資本比率…財務安全性を示すKPI

第71話 どんなKPI?/流動比率って何ですか?
第72話 どんなKPI?/バランスシートは〇秒で読める?
第73話 従来のKPIの限界/成長性と安全性の激突!
第74話 V字回復への行動/流動比率の目標値を見直す
第75話 V字回復への行動/付加価値で流動比率の目安を知る
コラム③…内部留保が多すぎる?
第76話 どんなKPI?/経営を安定化する自己資本
第77話 従来のKPIの限界/減価償却が自己資本を揺るがす
第78話 V字回復への行動/ROAとROEの再定義
第79話 従来のKPIの限界/誤ったKPIによる事業の末路
第80話 従来のKPIの限界/先進国から脱落した日本
ベテラン経理マンの意識改革のヒント

Ⅸ.付加価値会計…新しいKPIを支える会計

第81話 どんな計算?/全部原価計算とは??
第82話 従来の計算の限界/配賦が会社をダメにする!
第83話 従来の計算の限界/正しいKPIが計算できない!
第84話 従来の計算の限界/何と100年前にできた会計!
第85話 従来の計算の限界/直接費は変動費じゃない!
第86話 V字回復への行動/変動費と固定費を再分類する
第87話 V字回復への行動/付加価値が見える会計の試み
第88話 V字回復への行動/付加価値会計が示す8つのKPI
第89話 V字回復への行動/良く見せる≠実際に良くする
第90話 V字回復への行動/財務会計だけでは無理
パラダイムシフトを成功させるためのヒント

Ⅹ.キャッシュフロー…ウソを付けないと言われるKPI

第91話 従来のKPIの限界/黒字倒産が起こる理由・その1
第92話 従来のKPIの限界/黒字倒産が起こる理由・その2
第93話 従来のKPIの限界/黒字倒産が起こる理由・その3
第94話 従来のKPIの限界/間接法って、難しくないですか?
第95話 V字回復への行動/3つのお金の流れを見る
第96話 V字回復への行動/「C/F」は使いづらい?
第97話 V字回復への行動/損益計算の信頼性を回復する
第98話 V字回復への行動/付加価値会計でバリューフローを読む
コラム④…スピード経営への道
第99話 V字回復への行動/早く異常を見つけすぐ手当てする
第100話 V字回復への行動/今必要なKPIって何だろう?
キャッシュフロー経営を成功させるためのヒント

おわりに…V字回復に必ず必要なもの

はじめに

やるべきことは、たくさんある!

 新型ウィルスの脅威、異常な気象、緊迫する国際情勢、停滞する経済…史上最悪とも言われる厳しい時代を生き抜くため、日々懸命に戦っていない会社はありません。その戦いを成功に導くのがKPIです。

 KPIとはKey Performance indicatorの略で「重要業績評価指標」と訳されます。それは事業の現状を率直に表す指標であると共に、時代を生き抜く活動のゴール(目標)を示すものでもあります。例えば、

利益率や付加価値
損益分岐点や安全余裕率
生産性
在庫回転数や固定資産回転数
ROAやWACCやIRR
流動比率や自己資本比率
キャッシュフローなどなど

どれも常識的なものばかりのはずですが…これらの指標(KPI)に

深刻な問題が生じている

ことは、実はあまり認識されていなかったのではないでしょうか。でもどんなに立派な目標(KPI)を掲げても、それが間違っていたら会社は業績回復できません。一人一人の努力も正しく評価されません。失敗への反省はなく、同じ過ちが繰り返されて、日本も会社も元気になりません。
 実際、日本のGDPは永らく世界第2位でしたが、2010年に中国に抜かれ、差は広がる一方です。生産性に至っては先進国最下位で、すでに先進国グループから脱落しています。そこにコロナ危機や激しい気象災害が追い打ちをかけ、現場はリストラの海と化しました。日本人は世界でも稀にみる勤勉な国民であるにもかかわらず、こんな負け犬になってしまったのは

努力の目標(KPI)が間違っていた

からです。業績を回復するため、そして正しい企業努力が正しく評価され真に活力ある事業にヒト・モノ・カネがきちんと行き渡るようにするには、正しいKPIを持たなければなりません。

 そこで本書では、KPIの新しい設定方法を紹介します。全てをそのまま採用できるかどうかは会社の状況次第ですが、古いKPIが抱える問題をしっかり理解しておくことこそ

業績回復の出発点!

であるのは確かでしょう。今はどんなに手詰まり感が強くても、業績回復のためやるべきこと/やれることは本当にたくさんあるのです! ぜひ手付かずの宝の山を見つけてください。
 さあ、一緒に力強い一歩を踏み出しましょう。会社の力、私たちの力、日本の底力を信じつつ。きっとこの本が、皆さんの会社に新しい可能性と希望を届けます。

令和2年7月31日 コロナ第二波の報道を見ながら

買い物かごへ