買い物かごへ

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

定価(税込)  2,640円

著者
サイズ A5判
ページ数 236頁
ISBNコード 978-4-526-08068-5
コード C3034
発行月 2020年06月
ジャンル 経営 生産管理

内容

会計にも「カイゼン」が必要と説く著者が、「なぜなに」形式で従来の会計手法の間違いやムダ、それらの改善方法を解説する指導書。生産技術者が日頃あまり意識していない「株主(経営責任)」「工場外在庫(出先在庫)」「調達戦略」「配送業務」などを計算方法も含めて丁寧に紹介する。

吉川武文  著者プロフィール

(よしかわ たけふみ)
公認会計士・生産技術者・グローバル企業工場長

 東京工業大学・工学部修士卒。複数の大手メーカーでカイゼンやコストダウン、子会社再建、工場立地、品質向上、自動化、製品開発などに従事。品質安定化による社長表彰、生産革新や100倍を超える生産性向上でプレジデント表彰、新潟県の保全技能競技大会で1位表彰を受けるなど、30年におよぶモノづくりのバックグラウンドを有する異色の公認会計士。出願特許多数。

 製造業の最前線で、従来のモノづくりや設備投資の在り方に強く疑問を感じたため
40歳で会計士を志す。生産技術者としての業務の傍ら原価計算を深く研究し、独学で会計士試験に合格。監査法人トーマツのマネージャーなどを経て財務監査、IT監査、省エネ審査、CO2排出権の審査にも従事。「数字を使う立場」で会計を考えることのできる数少ない会計士であると共に、地球環境を憂える気象予報士でもある。会計士登録後はスウェーデンの大手グローバル企業の日本工場長として実地に経営にも携わり、付加価値会計の考え方に基づく経営革新を実践。王子経営研究会のメンバーと共に本気で業績回復を目指す新たなフィールドと同志を募っている。(t.yoshikawa@ms01.jicpa.or.jp)

 モノづくりと会計と人を愛し、製造業の新たな成長の可能性を確信する。日本中の現場で「技術者だったのになぜ会計士?」と問われるたびに、「コストの知識なくしてコストダウンはできません。製品開発も設備投資も生産革新もできないのです」と繰り返し説明しなければならない日本のモノづくりの現状を変えたいと強く願う。信条は「ヒトはコストではなく資源」。大切にしている言葉は「勇気と感謝」。著書に「モノづくりを支える管理会計の強化書」「生産技術革新によるコストダウン戦略の強化書」「図解! 製造業の管理会計入門」「豪雨の時代を生き抜く! 日本100年の希望」など9冊。

ヒトこそ最強の経営資源!

目次

まえがき…厳しい時代を生き抜こう!

Ⅰ.8つのムダとは何か?…ここから始まるカイゼン革命!
なぜなぜ1 「7つのムダ」だけで戦えますか?
なぜなぜ2 日本のモノづくりは、なぜ失速したのでしょうか?
なぜなぜ3 ビジネスの環境って、昔も今も同じですか?
なぜなぜ4 コストって、どこにありますか?
なぜなぜ5 カイゼンが目指す目標って、何でしたっけ?
なぜなぜ6 製造業の8つのムダって何だと思いますか?
なぜなぜ7 あなたの会社は、動脈硬化していませんか?
なぜなぜ8 8つのムダは、なぜ放置されてきたのでしょうか?
なぜなぜ9 なぜ、そんな不便な会計を使い続けるのですか?
なぜなぜ10 生産技術者の使命って、何ですか?
8つのムダ ~必ず会社を元気にする!
コラム① 株式会社って、何だっけ?

Ⅱ.株主不在のムダ…資本主義社会の掟とは?
なぜなぜ11 株式会社の始まりを知っていますか?
なぜなぜ12 2つの資金運用、あなたはどちらを選びますか?
なぜなぜ13 株主が株式会社に望むことは何ですか?
なぜなぜ14 会社は株主に対しどんな責任を負っていますか?
なぜなぜ15 株主の期待が達成できなかったらどうなりますか?
なぜなぜ16 責任達成/未達成の境界を何と呼びますか?
なぜなぜ17 利益が±ゼロで、本当に損益分岐点なのですか?
なぜなぜ18 年金が破綻する本当の理由を知っていますか?
なぜなぜ19 自分の会社の資本コストを知らされていますか?
なぜなぜ20 カイゼン活動の目標をどうやって決めていますか?
株主不在のムダ ~資本主義を生き抜く!
コラム② 年金が増えない理由、知ってましたか?

Ⅲ.工場外無関心のムダ…製造業の新しい勝負所を探せ!
なぜなぜ21 在庫を減らせと言われるのはなぜですか?
なぜなぜ22 在庫があるのは工場の中だけですか?
なぜなぜ23 貸借対照表で在庫を調べたことありますか?
なぜなぜ24 在庫(お金)が寝たらいけないのはなぜですか?
なぜなぜ25 在庫回転数を計算したことがありますか?
なぜなぜ26 一緒に在庫回転数を計算してみませんか?
なぜなぜ27 今まで財務指標を怖がっていませんでしたか?
なぜなぜ28 財務指標のため、お金を寝かしてるの知ってますか?
なぜなぜ29 無関心がどんなムダに繋がるかわかりましたか?
なぜなぜ30 戦場は工場の中だけじゃないとわかりましたか?
工場外無関心のムダ ~悲劇を終わらせる!
コラム③ 内部留保が増えて、何が悪い?

Ⅳ.ゼロ在庫のムダ…「ゼロ在庫」ではもう勝てない!
なぜなぜ31 棚卸の日だけ、在庫を減らしたりしていませんか?
なぜなぜ32 大事なことなら、なぜ毎日管理しないのですか?
なぜなぜ33 見かけだけの在庫削減、もう止めませんか?
なぜなぜ34 そろそろ竹槍カイゼンを卒業しませんか?
なぜなぜ35 コストの内訳を、ちゃんと見ていますか?
なぜなぜ36 材料費のコストダウンにどうやって取り組みますか?
なぜなぜ37 それでも、まとめ買いってダメですか?
なぜなぜ38 在庫回転数にメリハリつけませんか?
なぜなぜ39 古い原価計算の弊害って、知ってますか?
なぜなぜ40 思い切って、原価計算変えちゃいませんか?
ゼロ在庫のムダ ~出口を見つける!
コラム④ 究極の5Sとは?

Ⅴ.ムダ取りのムダ/共倒れのムダ…そろそろ仕事のやり方変えませんか?
なぜなぜ41 そもそもコストって、何ですか?
なぜなぜ42 変動費がコストなら、固定費は何ですか?
なぜなぜ43 コストと資源の管理目標の違いがわかりますか?
なぜなぜ44 コストや資源には、どんなものがありますか?
なぜなぜ45 ムダ取りのムダ、やっていませんか?
なぜなぜ46 人はコストですか、資源ですか?
なぜなぜ47 自動化の落とし穴を知っていますか?
なぜなぜ48 予防保全はどこまでやるべきでしょうか?
なぜなぜ49 内製か外注かをどうやって決めますか?
なぜなぜ50 共倒れのムダって、何のことかわかりますか?
ムダ取りのムダ/共倒れのムダ ~共に生きる!
コラム⑤ 他社の製品を売る覚悟

Ⅵ.場当たり配送のムダ…コストダウンの発想から、価値を創る発想へ!
なぜなぜ51 90%の人が、どちらを選んだと思いますか?
なぜなぜ52 この赤字事業をどうやって立て直しますか?
なぜなぜ53 その製品を誰が作っているか知ってましたか?
なぜなぜ54 これからの製造業の競争力って、何でしょう?
なぜなぜ55 これからも工場中心でよいですか?
なぜなぜ56 いつまでも「生産技術」って名前でよいですか?
なぜなぜ57 持つべき在庫があるなら、それは何でしょう?
なぜなぜ58 場当たり配送のムダって、なんでしょう?
なぜなぜ59 配送のムダ、会社でやっていませんか?
なぜなぜ60 手つかずの宝の山が見えてきましたか?
場当たり配送のムダ ~チャンスを掴む!
コラム⑥ 日本的経営を覚えていますか?

Ⅶ.身分分断のムダ…ホワイトカラーの生産性が低すぎる!
なぜなぜ61 生産性って何ですか?どうやって測りますか?
なぜなぜ62 まさか標準時間で生産性を測っていませんよね?
なぜなぜ63 作業日誌とタイムカード、突合したことありますか?
なぜなぜ64 生産性を、きちんと「見える化」しませんか?
なぜなぜ65 生産性にはどんなバリエーションがありますか?
なぜなぜ66 ムダ取りで取ったムダを、どう活かしていますか?
なぜなぜ67 どうすれば、自発的な人材が育ちますか?
なぜなぜ68 ホワイトカラーって、いったい誰のことですか?
なぜなぜ69 叩かれる人がいて、叩く人の生産性は上がりますか?
なぜなぜ70 身分分断のムダ、やってませんか?
身分分断のムダ ~人材を育てる!
コラム⑦ やればできる?

Ⅷ.会計不毛のムダ…勘と気合の設備投資を卒業する!
なぜなぜ71 資本主義社会の掟とは、どんなものでしたか?
なぜなぜ72 割引計算の意味って、説明できますか?
なぜなぜ73 この計画にいくら投資してよいかわかりますか?
なぜなぜ74 NPV関数、使ってますか?
なぜなぜ75 正味現在価値法(NPV)で投資判断できますか?
なぜなぜ76 内部収益率法(IRR)で投資判断できますか?
なぜなぜ77 IRR関数の使い方、わかりましたか?
なぜなぜ78 会計不毛のムダ、そろそろ卒業しませんか?
なぜなぜ79 正味現在価値と内部収益率の使いわけ方は?
なぜなぜ80 正味現在価値と内部収益率が逆転したら?
会計不毛のムダ ~進化の時!
コラム⑧ 創造業への道程

付録.カイゼンのための計算事例…8つの場面を考えよう!
なぜなぜ81 カイゼン活動の計算シートが作れますか?
なぜなぜ82 ムダ取り活動の計算シートが作れますか?
なぜなぜ83 自動化投資の計算シートが作れますか?
なぜなぜ84 予防保全の計算シートが作れますか?
なぜなぜ85 在庫削減活動の計算シートが作れますか?
なぜなぜ86 納期短縮活動の計算シートが作れますか?
なぜなぜ87 研究開発の計算シートが作れますか?
なぜなぜ88 IoT契約の計算シートが作れますか?
誰がこの悲劇を終わらせるのか?
コラム⑨ 本当に本気だから

あとがき…絶対に生き残る!

はじめに

厳しい時代を生き抜こう!

 新型ウィルスの蔓延/経済の停滞/延期された東京五輪後にやってくる何か…

 史上最悪とも言われる厳しい経営環境の中で生産性向上やコストダウン、在庫削減に懸命に取り組んでいない会社はないでしょう。長年、こうした活動を力強く牽引してきたのが、生産技術者の皆さんがリードするカイゼン活動です。「7つのムダ取り」「問題点の見える化」「からくり」「コストハーフ」「ゼロ在庫」などなど、日本が誇るカイゼンは不可能を次々と可能にしてきました。

「日本のモノづくりに不可能はない!」

 ところが… 世界をリードしていたはずの日本のモノづくりは年前から進化が止まり、世界第二位だったGDPも中国に抜かれました。現場は途方に暮れ、絶望感が漂っています。今やどこに行っても気合いと根性の竹槍カイゼンばかり。成果が出せなくなった活動は日本中で「カイゼンごっこ」と化し、在庫不正、検査不正、カイゼン不正、会計不正が横行しています。生産性も、コストも、在庫も「見える化」どころか「見えぬ化」され、製造業はリストラの海、日本の生産性は先進国最下位となりました。そしてついに先進国グループから脱落しつつあるのです。そんな時、コロナ危機がやって来ました。もう戦えません! 私達の暮らしは、これからどうなってしまうのでしょうか

 いえ、大丈夫です! 今なおGDP世界第三位の日本です。今までのカイゼンをほんの少し進化させられるなら、日本はもっと力強く戦えるのです。そんな日本のモノづくりに決定的に欠けていたのは「会計の力」でした。

 Q.生産性は、どうしたらきちんと測れますか?
 Q.コストダウンの成果をどうやって数値化しますか?
 Q.在庫を持つことのメリット/デメリットをどう見える化すべきでしょうか?

 いかなるカイゼンも、P/L(損益計算書)やB/S(貸借対照表)と繋がらなければお遊びです。誤った活動は修正されません。なぜならP/LやB/Sこそ、会社の全ての活動を見える化し、その正否を見極める羅針盤だからです! P/LやB/S、ちゃんと使えていましたか? もしかしたら、読み方さえ習っていなかったかも…
 でも心配は御無用です!

 P/LやB/Sと言っても、決して難しいものではありません

 本来それは、コストと戦う生産技術者のために作られた経営改善のツールだったのです! ですから順番に学んでいけば簡単です。思い出して下さい。ほんの少し前まで「日本のモノづくりに不可能はない」と言われていたことを! 厳しい時代を生き抜きましょう。きっとこの本が、皆さんに驚きと革新と勇気を届けます。

令和2年4月7日 緊急事態宣言の日に
吉川武文

買い物かごへ