買い物かごへ

「電験三種」ビギナーのための数学再入門
「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

定価(税込)  2,160円

著者
サイズ A5判
ページ数 188頁
ISBNコード 978-4-526-07863-7
コード C3054
発行月 2018年07月
ジャンル 資格試験 電気・電子

内容

電験三種の対策に必要な数学知識について、初歩から丁寧に解説する入門書。電験三種受験のために、「小学校」「中学校」「高校」レベルから数学を丁寧に解説。受験に必要な知識を選別し、効率的に数学を再学習できるように工夫している。数学のテーマごとに、学習の目標、基本知識、例題、練習問題も掲載する。

石井理仁  著者プロフィール

(いしい まさひと)
自家用電気主任技術者を30年以上
現在  専門学校 都立職業能力開発センター講師
    日本電気協会ほかで電験三種受験準備講師
著書  日刊工業新聞社刊「電験用語辞典」(共著),同「電験三種合格テクニック」理論/機械,電力/法規の問題集,一部共著,同「電験三種合格の計算シリーズ1~4」電磁気・静電気計算,交流計算,機械計算,電力・法規計算の4冊,同「電験三種合格の数学第3版」,同「電験三種レベルアップ問題集」,同「電験二種レベルアップ問題集」,同「電験二種合格の数学第2版」,同「電験三種合格への厳選100問第2版」,「電験三種必須項目Q&Aシリーズ第2版「理論」「電力」「機械」「法規」,オーム社刊「ビギナーのための電気Q&A」,同「現場技術者のための電気Q&A」

目次

●はしがき
●この本の特徴と使い方

Ⅰ レベル1の数学
1 小数の計算
2 公倍数と公約数
3 分数の計算
4 面積の計算
5 体積の計算

Ⅱ レベル2の数学
6 正の数,負の数
7 字を使った式
8 一次方程式
9 比例と反比例
10 連立方程式
11 一次関数のグラフ
12 不等式
13 角度,合同と相似
14 整式の乗法と因数分解
15 平方根(無理数)
16 二次方程式
17 三平方の定理

Ⅲ レベル3の数学
18 指数計算
19 対数計算
20 三角関数その1
21 三角関数その2
22 複素数

Ⅳ 付録(単位と物理入門)
23 単位の常識
24 物理入門

Ⅴ 練習問題の解説・解答
Ⅰ レベル1の数学(練習問題1~練習問題5)
Ⅱ レベル2の数学(練習問題6~練習問題17)
Ⅲ レベル3の数学(練習問題18~練習問題22)
Ⅳ 付録(練習問題23~練習問題24)

はじめに

はしがき

 「電験三種 合格の数学」(以下「三種の数学」という)は,電気の数学がよくわかると大変好評で版を重ね,初版からは16年が経ち,おかげさまで3版を発刊できました。
 しかし,平易に書いた「三種の数学」でしたが,電験三種の数学でもっと易しい書籍をという要望が出版社に寄せられ,ここに「電験三種ビギナーのための数学再入門」(以下「数学再入門」という)を発刊することができました。
 この数学書は,数学をあまり得意としていない方を対象に,電験三種合格を念頭に置いた場合,これまで勉強してきた小学校,中学校及び高等学校の算数,数学を勉強するには膨大な量になるため,電験三種合格するため最低限,どのくらいの分野の算数,数学を改めて学習すればよいかをコンセプトに出版しました。
 したがって,従来の電験三種の学習のように三角関数の加法定理,倍角・半角の公式,正弦・余弦の定理といった,あまり使用しない数学は思い切って省き,格好つけた書籍より本当に勉強して合格する電験に役立つ本を目標としました。
 また,小生は電験講座の講師のほか,専門学校電気工学科で教育現場に携わってきた経験から,留年経験生徒が繁分数がわからないというのを指導したこと,比例反比例の関係が理解できていないといった初歩的な分野を克服することも織り込んだ書籍としました。そのほか,「三種の数学」では練習問題について計算プロセスを省かずに,どの書籍より丁寧,かつ詳細に解説することを心がけたことと数学の電気との関連性を重視したことが功を博したのか大変多くの読者からの支持を得ることができたので,従来からのよい点は引き継いで執筆しました。さらに以下のようなコンセプトで執筆しました。
1.三種合格へのキーワードは,計算力すなわち数学力です! そのため,例題も練習問題同様に計算プロセスを省かずに詳細に解説しました。
2.数学書や他書の電気数学のように式のお祭りになることは避け,先生が生徒に語りかけるような飽きのない書を目指しました。これは他に類を見ない特徴です。
3.電気ではことさら単位が重要で,そのため付録で単位を説明するとともに単位の理解に物理の初歩の知識が必要になるので,これも付録で取り扱い,理解の手助けとしました。
4.飽きさせないように「電気との関連」では,すぐに計算問題を扱うのではなく電気への誘いとして電気に興味を持って数学が学習できるようにしました。
 それでは,「この本の使い方」をお読みになって,使い方に沿った勉強をしてください。最後になりましたが,「数学再入門」を手にした全員が三種合格のチケットを手にし,スキルを身につけて,実力を発揮され,職に困らない人生を送れることが著者の願いです。

平成30年7月
著者しるす

買い物かごへ