買い物かごへ

未来の科学者との対話13
第13回神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞受賞作品集

定価(税込)  1,728円

編者
サイズ A5判
ページ数 272頁
ISBNコード 978-4-526-07414-1
コード C3050
発行月 2015年05月
ジャンル その他

内容

科学や技術は、人類や社会の未来に大きな影響力を持つ一方で、学校教育では「理科離れ」が進み、理科教育のあり方が問われている。そこで、理科人材を育成するため、その研究発表の場として設けられた神奈川大学主催の論文大会の受賞作を読みやすくまとめた本。

学校法人 神奈川大学広報委員会 全国高校生理科・科学論文大賞専門委員会  著者プロフィール

長倉 三郎(ながくら さぶろう)
 
1920年静岡県生まれ。1943年東京帝国大学理学部卒業。理学博士。東京大学教授、
岡崎国立共同研究機構分子科学研究所長、同機構長、総合研究大学院大学長、神奈川科学技術アカデミー理事長、日本学士院長を歴任。現在、武蔵野地域自由大学学長。物理化学。
 編著書に『有機電子理論』(培風館、1966年)、『岩波理化学辞典第5版』(共編)(岩波書店、1998年)、『Dynamic Spin Chemistry』(共編)(Wiley、1998年)ほか。
 文化勲章(1990年)受章。

目次

はじめに   

「神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞」審査委員長
長倉 三郎

●審査委員講評
地震予知について 上田 誠也   
女性の活躍を 田畑 米穂   
科学とは何かを考えてみよう 中村 桂子   
化学の研究の難しさ 細矢 治夫   
「論文の書き方」の見方から 竹内 敬人   
個人研究か、グループ研究か 佐藤 祐一   

●大賞論文
細菌株を駆使した新たな「染色廃水処理装置」の開発
愛媛県立新居浜工業高等学校 環境化学部   

●優秀賞論文
天然食品「マヌカハニー」の絶大な抗菌効果
山村国際高等学校 生物部 小林 聖莉奈   
闘竜灘はなぜ加古川を氾濫させたのか
兵庫県立西脇高等学校 地学部マグマ班   
パズルゲームを解くアルゴリズム
渋谷教育学園渋谷高等学校 齋藤 主裕   

●努力賞論文
小惑星の試料回収は「投網」方式で
茗溪学園高等学校 阪口 友貴   
イルミネーションの不思議な筋の正体
群馬県立前橋女子高等学校 東野 優里香   
マメ科植物と根粒菌との損得関係
横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校 西山 和華奈   
春を告げる「カタクリ」の花の向きと斜面の関係
岐阜県立加茂高等学校 自然科学部   
水ロケットの二段加速現象
静岡県立富岳館高等学校 環境科学研究部ロケット班   
自作赤道儀で星を追う
名古屋市立向陽高等学校 科学部天文班   
牛乳の泡立ちの秘密
京都府立洛北高等学校 サイエンス部物理班   
被災地の農地再生に向けて
兵庫県立加古川東高等学校 理数科根粒菌班   
クマムシが「最強の生物」である所以
愛媛県立今治西高等学校 生物部クマムシ班   
ヨットが風上に進める理由
愛媛県立八幡浜高等学校 自然科学部ヨット班   
蚊は渡り鳥にとって脅威なのか
愛媛県立宇和島東高等学校 チームMosquito   
「ネフロイド」という曲線の美しさを証明
久留米工業高等専門学校 電気電子工学科 木太久 稜   
「降灰君」で桜島の降灰量を正確に測る
鹿児島県立錦江湾高等学校 化学研究部   
扇風機と掃除機を使った「手作り積乱雲モデル実験」
沖縄県立球陽高等学校 地球科学部   
オオジョロウグモの巣の傾きの謎
沖縄県立宮古高等学校 生物部 平良 榛希   

●第13回神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞
団体奨励賞受賞校、応募論文一覧   
神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞の概要   
あとがき   

買い物かごへ