現在在庫がありません

原子力年鑑2010

定価(税込)  16,500円

監修
サイズ B5判
ページ数 480頁
ISBNコード 978-4-526-06345-9
コード C3050
発行月 2009年10月
ジャンル 環境

内容

1957年から日本原子力産業会議(現 日本原子力産業協会)が発行してきた「原子力年鑑」の2010年度版。執筆陣には原子力関連の各分野で活躍する専門家や研究者を迎え、国内外の原子力開発動向を解説する。新たな項目も追加し、最新の原子力情報を紹介する。

目次

原子力年鑑2010 目次



はじめに



編集委員会、執筆者一覧



Part1 潮流―内外の原子力動向

「低炭素革命」――踏み台に立つ



Part2 新展開のリサイクル事業

最終段階を迎えた六ヶ所再処理

電力各社のプルサーマルへの取り組み

建設進む中間貯蔵施設

五者協議会のもとFBR開発を加速

堅調な成長が続く原子力産業



Part3 放射性廃棄物対策と廃止措置

1.放射性廃棄物処分の着実な進展に向けて

2.地層処分事業等の国際的な動向

3.地層処分事業等の国内の動向

1 わが国の放射性廃棄物対策の概要

2 高レベル放射性廃棄物等の地層処分

3 余裕深度処分に関する国、事業者の検討状況

4 六ヶ所低レベル放射性廃棄物埋設センターの操業状況

5 研究施設等廃棄物の埋設処分

4.わが国の廃止措置の動向

1 商業用発電炉の解体状況など

2 研究施設の解体状況など

5.放射性廃棄物等安全条約の現状



Part4 各国・地域の原子力動向

1.点から面へ――世界で広がる原子力導入の動き

2.アジア

韓国

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)

中国

台湾

フィリピン

ベトナム

マレーシア

タイ

パキスタン

インド

インドネシア

3.中東

イラン

アラブ首長国連邦(UAE)

ヨルダン

GCC(湾岸協力会議)の動き

4.オセアニア

オーストラリア

5.南北米大陸

アメリカ

カナダ

メキシコ

アルゼンチン

ブラジル

キューバ

6.欧州

欧州連合(EU)

イギリス

フランス

ドイツ

スウェーデン

フィンランド

オランダ

スイス

ベルギー

スペイン

イタリア

トルコ

7.ロシア

ロシア

中東欧諸国

アルメニア

カザフスタン

リトアニア

ベラルーシ

ウクライナ

ブルガリア

チェコ

スロバキア

ハンガリー

ポーランド

ルーマニア

スロベニア/クロアチア

8.アフリカ

南アフリカ



Part5 原子力界――この一年



原子力年表〈1895〜2009年〉日本と世界の出来事



略語一覧



索 引

はじめに

はじめに



地球環境の保全は、現在人類が直面する最大の課題のひとつとなっております。地球環境の変化は、自然現象や産業革命以降の人間の活動などの複合的な要因がもたらしたものといわれていますが、今後の地球温暖化への対応を考えますと、その大半の要因をなしているエネルギー利用に伴う二酸化炭素排出の制限が焦点となります。まさに地球環境問題は今後のエネルギー供給政策の中心的課題となりました。

この困難な課題に取り組むには、各国がまず省エネルギー、エネルギーの効率的利用を図らなければなりません。同時にソーラー、風力、水力、バイオマスなど考えられる限りのゼロエミッション型エネルギー源の開発に取りくまなければなりませんが、いま私たちが手にしているエネルギー技術の中で、もっとも効果的に二酸化炭素削減を達成できるのは原子力発電のほかにありません。

発電の段階で二酸化炭素をまったく排出しない原子力発電が、わが国の電力需要の3割を占めていることを考えれば、原子力発電が大きく進展しなければ、地球温暖化防止の目標を達成するのは困難であることは誰の目にも明らかだと思います。このため「原子力ルネサンス」の時期を迎えたといわれていますが、原子力開発への加速はまだ現実のものとはなっておりません。原子力発電の経済的な競争力やその安全性への信頼感がまだ十分に浸透していないのかもしれません。この1年間も信頼回復へのさまざまな努力が行われ、政策が展開されましたが、原子力発電への期待に比べれば、やや歩みの遅い期間であったように思います。

ここに関係者のご協力により、本年7月までの1年間の原子力国内外動向をまとめ「原子力年鑑2010」を刊行する運びとなりました。本年鑑がわが国と世界の1年の足跡をたどり、今後を展望するものとしてお役に立つことを切望しつつ、刊行にあたりご協力くださった多くの関係者に改めて感謝を申し上げる次第です。



2009年8月20日

「原子力年鑑2010」編集委員会 委員長 石 塚 昶 雄(日本原子力産業協会 常務理事)





「原子力年鑑2010」 編集委員会



編集委員長 石塚 昶雄 日本原子力産業協会

編集委員 飯高 季雄 電気新聞

編集委員 田辺 博三 原子力環境整備促進・資金管理センター

編集委員 中原 和哉 ニュークリア エディター



原子力年鑑2010 執筆者一覧

(敬称略:五十音順,所属は原稿執筆時)

飯高 季雄 電気新聞

五十嵐孔明 日本原燃

石井 卓也 日本原子力産業協会

石井 敬之 日本原子力産業協会

伊藤 豊 原子力国際協力センター

稲垣 裕亮 原子力環境整備促進・資金管理センター

大橋 久生 原子力eye編集顧問

柏野 士郎 電気事業連合会

片貝 哲男 海外電力調査会

木藤 啓子 日本原子力産業協会

木村 逸郎 原子力安全システム研究所

木村 悦康 海外電力調査会

西条 泰博 四国総合研究所

佐原 聡 原子力環境整備促進・資金管理センター

篠原 晴道 科学評論家

竹内 則彦 日本原子力研究開発機構

田辺 博三 原子力環境整備促進・資金管理センター

茶谷 恵治 日本原子力研究開発機構

土 宏之 原子力発電環境整備機構

土江 保男 工学院大学

東海 邦博 海外電力調査会

中 英昌 日本原子力産業協会

仲神 元順 中部電力

永崎 隆雄 日中科学技術交流協会

中杉 秀夫 日本原子力産業協会

中原 和哉 ニュークリア エディター

根岸 仁 日本原子力研究開発機構

原 啓二 日本原子力研究開発機構

藤井 晴雄 元・海外電力調査会

芳地 隆之 ロシアNIS貿易会

堀川 義彦 関西電力

前島 徹士 日本原子力産業協会

三田村和史 日本原燃

向山 武彦 原子力コンサルタント

林道 寛 日本原子力研究開発機構

和田 裕子 日本原子力産業協会

現在在庫がありません