現在在庫がありません

トヨタ生産方式で原価低減を推進するためのキーワード集

定価(税込)  1,836円

編者
サイズ B5判
ページ数 148頁
ISBNコード 978-4-526-05286-6
コード C3034
発行月 2004年05月
ジャンル 生産管理

内容

コストダウン活動は、製造業の改革・改善活動のなかでも最も重要度の高い取り組みの一つ。本書では「CCC21」などの総原価低減活動を推進し、成果を積み上げているトヨタ自動車の取り組みについて、その活動の要点となるキーワードを紹介する。「工場管理」誌04年1月臨時増刊号の書籍化。

目次

主な内容



1.コストマネジメント全般

1-1 トヨタ生産方式の原則

1-2 原価低減はお客さまのため

1-3 顧客満足度

1-4 人を切り捨てるだけのリストラからの脱皮

1-5 総原価低減活動(TCR,BT2)

1-6 コストハーフ

1-7 量に頼らないモノづくり

1-8 売れるモノだけ流れでつくる

1-9 トータルリードタイムの短縮

1-10 儲けるIT

1-11 設備による解決

1-12 カイゼン

1-13 ベンチマーキング

1-14 循環型社会の構築

1-15 ローテクでもオンリーワン企業に

1-16 間接部門の仕事はアコーディオン

1-17 管理・監督者は職場の看護士

1-18 自主研活動



2.商品企画と原価企画

2-1 商品の一生(プロダクトライフサイクル)

2-2 商品企画と製品企画

2-3 原価企画

2-4 原価主義と非原価主義

2-5 目標原価/基準原価

2-6 日々収支

2-7 予算システム

2-8 カイゼン予算

2-9 TCCM

2-10 ライフサイクルコスト

2-11 原価低減のための管理技術

2-12 ティアダウン



3.開発・設計

3-1 QFD/品質表

3-2 FMEA

3-3 環境配慮設計

3-4 ユニバーサルデザイン

3-5 編集設計

3-6 モジュール化

3-7 アーキテクチャー(設計情報思想)

3-8 DFA/DFM

3-9 フロントローデイング

3-10 コンカレント・エンジニアリング

3-11 デザイン・イン

3-12 プロダクト・マネージャー

3-13 設計ミス

3-14 コストダウン設計の進め方



4.生産準備

4-1 平準化してつくる生産計画

4-2 カスタマー・イン

4-3 初期管理

4-4 生産情報:内示情報と確定情報

4-5 かんばん

4-6 在庫ゼロ

4-7 運搬システム

4-8 自前主義とアウトソーシング

4-9 グリーン調達

4-10 WARP

4-11 系列とモノつくり協力

4-12 部品メーカーへのQC指導

4-13 旧来設備の活用

4-14 身の丈に合ったTPM

4-15 設備の修理は自らの手で

4-16 自主保全と専門保全

4-17 予防保全と事後保全

4-18 材料歩留りの向上

4-19 少エネルギーと省エネルギー

4-20 コジェネレーション(熱電併給)

4-21 デマンド管理

4-22 CO2排出権



5.製造

5-1 売上げが伸びない中での生産性向上

5-2 ロット生産と平準化生産

5-3 標準のないところに改善はない

5-4 混流1個流し

5-5 U字ライン

5-6 ムダの悪循環

5-7 「取りに行く、運ぶ、探す」を減らせ

5-8 ムダ取りによるコストダウン

5-9 儲けなき動きを儲ける働きに

5-10 省人化よりも少人化

5-11 多能工化と星取表

5-12 ペースメーカー

5-13 ラインバランスの改善

5-14 設備改善よりも作業改善

5-15 水平展開とスパイラルアップ

5-16 水すましによる配膳

5-17 シングル段取りからワンタッチ段取りへ

5-18 品質保証の考え方

5-19 ラインの品質保証−ポカヨケ

5-20 SQC:サイエンスSQC

5-21 不良はみんなの見えるところに(現認台)

5-22 ごみゼロ工場(工場内廃棄物低減)

5-23 安全確保(安全行動と本質安全化)

5-24 清掃点検(環境清掃から点検清掃へ)



6.物流・販売

6-1 物流コスト

6-2 物流EDI

6-3 サードパーティロジスティクス(3PL,TPL)

6-4 SCM

6-5 配送の合理化

6-6 物流の環境負荷低減

6-7 販売店におけるトヨタ方式の展開

6-8 マーケティング戦略

6-9 ワン・ツー・ワンマーケティング

6-10 BtoB,BtoC

6-11 流通構造の変化

6-12 ジャスト・イン・タイム納品



7.据付け、消費、サービス

7-1 商品と保証

7-2 製品サービス

7-3 アフターサービスと定期点検

7-4 商品の維持費低減

7-5 PL問題

7-6 トレーサビリティ

7-7 ボランティア支援

7-8 販売店環境ガイドライン



8.廃棄、環境保全

8-1 ライフサイクルアセスメント(LCA)

8-2 環境リスク

8-3 廃棄コスト

8-4 リサイクル(材料、化学、熱)

8-5 消費済み製品の再資源化

8-6 容器包装リサイクル

8-7 ゼロエミッション

8-8 廃棄物処理

8-9 マニフェスト(産業廃棄物管理表)

8-10 汚染の加害者−怯える企業

8-11 燃料電池

8-12 環境保全社会への展開

現在在庫がありません