現在在庫がありません

よくわかる図解シリーズ
3日間でQMS構築が見えてくる

定価(税込)  1,760円

編者
著者
サイズ A5判
ページ数 136頁
ISBNコード 978-4-526-05146-3
コード C3034
発行月 2003年06月
ジャンル 経営

内容

ISO9001:2000の認証取得をより早く、より簡単に、よりラクに取得できるようにと、3日間でQMSの構築を学べるよう、54ステップで説き起こしたもの。特に人材不足。資金不足に悩む中小企業の方々に役に立つようスリムな構築手法を紹介した。

目次

目 次

PART1

1 日目 品質マネジメントシステム(QMS)構築の準備

1) QMS 構築の目的を明確にする………………………………… 8

2) ISO9001 という規格を知る………………………………… 10

3) 審査の仕組みと費用を知る…………………………………… 12

4) コンサルタントの受け方と費用を知る……………………… 14

5) 必要な教育研修とその費用を知る…………………………… 16

6) 自治体、取引先、同業他社などから情報を集める………… 18

【コーヒータイム】こんな組織もやっている……………………… 20

7) QMS 導入効果を予測する…………………………………… 22

8) 経営者(トップマネジメント)の決定事項を知る………… 24

9) 認証取得のターゲットを決める……………………………… 26

10) 従業員や関係取引先への公表のしかたを知る……………… 28

11) QMS 構築計画と構築体制を立案する……………………… 30

12) QMS 構築推進者の役割を知る……………………………… 32

【コーヒータイム】マネジメントシステム規格のいろいろ……… 34

13) 現行業務を洗い出す………………………………………… 36

14) 業務の優先順位や主体業務を決める………………………… 38

15) 部門別に業務フロー図を作成する…………………………… 40

16) 部門間で業務フロー図の整合性を図る……………………… 42

17) 全社の業務フロー図を作成する……………………………… 44

18) 必要な文書の種類と文書体系を明確にする………………… 46

PART2

2 日目 品質マネジメントシステム(QMS)構築の開始

19) QMS 構築上の留意点を知る………………………………… 50

20) 必要なプロセスを明確にする………………………………… 52

21) プロセスを組織に当てはめる………………………………… 54

22) プロセスの順序と相互関係の明確化を図る………………… 56

23) プロセスの運用管理の判断基準を明確にする……………… 58

5

24)

【コーヒータイム】審査員になるには……………………………… 62

25) 文書化の方針をきめる……………………………………… 64

26) 経営者はコミットメントを行う……………………………… 66

27) 経営者は顧客重視の仕組みをつくる………………………… 68

28) 品質方針を定める…………………………………………… 70

29) 目標管理計画を策定する…………………………………… 72

30) QMS 計画を設定する………………………………………… 74

【コーヒータイム】審査登録ミニ知識……………………………… 76

31) 業務の責任・権限を明確にする……………………………… 78

32) 組織内のコミュニケーションの仕組みをつくる…………… 80

33) QMS のレビューを行う……………………………………… 82

34) 経営資源(人、もの、金)を明確にする…………………… 84

35) インフラストラクチャーと作業環境を整える……………… 86

36) 製品を実現するための計画を策定する……………………… 88

PART3

3 日目 品質マネジメントシステム(QMS)構築の完成

37) 顧客に関連するプロセスを明確にする……………………… 92

38) 設計・開発のプロセスを明確にする(その1)……………… 94

39) 設計・開発のプロセスを明確にする(その2)……………… 96

40) 購買のプロセスを明確にする(その1)……………………… 98

41) 購買のプロセスを明確にする(その2) …………………… 100

42) 製造及びサービスを提供するプロセスを明確にする(その1)… 102

【コーヒータイム】QC の7 つ道具……………………………… 104

43) 製造及びサービスを提供するプロセスを明確にする(その2)… 106

44) 監視機器や測定機器を管理する……………………………… 108

45) 顧客満足度の監視・測定を行う……………………………… 110

46) 組織内のメンバーでQMS を監査する……………………… 112

47) プロセスの監視・測定を行う………………………………… 114

48) 製品の監視・測定を行う……………………………………… 116

【コーヒータイム】審査員や監査員に求められる力量< ISO19011 から> … 118

49) 不良品(不適合品)を管理する……………………………… 120

50) データの分析を行う………………………………………… 122

51) QMS を継続的に改善の仕組みをつくる…………………… 124

52) 是正処置の仕組みをつくる…………………………………… 126

53) 予防処置の仕組みをつくる…………………………………… 128

54) まとめ………………………………………………………… 130

[付 録] 様式・帳票サンプル集

1 業務フロー図(例)…………………………………………… 132

2 品質目標進捗管理表………………………………………… 133

3 ISO 要求事項と責任区分…………………………………… 134

4 設計計画書(製造業)………………………………………… 135

5 設計計画書(建設業)………………………………………… 136

6 QC 工程表(製造業)………………………………………… 137

7 取引先評価表(製造業)……………………………………… 138

8 監視・測定機器登録台帳…………………………………… 139

9 お客様アンケート…………………………………………… 140

10 是正処置報告書……………………………………………… 141

用語の解説…………………………………………………………… 142

参考書籍……………………………………………………………… 147

現在在庫がありません