現在在庫がありません

よくわかる図解シリーズ
内部監査でQMSが見えてくる

定価(税込)  1,870円

編者
著者
サイズ A5判
ページ数 126頁
ISBNコード 978-4-526-04968-2
コード C3034
発行月 2002年06月
ジャンル 経営

内容

ISO9001によるQMS(品質マネジメントシステム)を経営のツールとして有効に働かすためには、自己チェック機能を整えた内部品質監査の運用が重要だ。本書は、QMSの有効性を高める50テーマを採り上げ、図解によりやさしく解説するもの。

目次

目次



PART1 マネジメントシステム

1 成り行き経営にマネジメントを導入する………………………8

2 経営におけるマネジメントを考える…………………………10

3 経営者のマネジメントにおける役割とは……………………12

4 管理者の計画者としての役割とは……………………………14

5 実行者・照合者・処置者としての管理者の役割とは……………16

6 マネジメントのツールとして文書を活用する………………18

7 成り行き経営にシステム(仕組み)を導入する………………20

8 品質マネジメントシステム(QMS )を適用する……………22

9 ISO9001:2000 のための8 原則を理解する……………24

PART2 品 質

10 まず、機能について……………………………………………28

11 では、品質とは…………………………………………………30

12 製品の品質にもいろいろある…………………………………32

13 製品の品質をサービスに適用する……………………………34

14 品質を抽出する…………………………………………………36

15 品質を測定する…………………………………………………38

16 品質と価格の関係を知る………………………………………40

17 顧客が求める品質を知る………………………………………42

PART3 内部品質監査

18 監査の目的を明確にし、計画を立てる………………………46

19 監査プロセスのポイントをおさえる…………………………48

20 監査で適合性と妥当性を確認する……………………………50

21 監査で有効性を確認する………………………………………52

22 監査における管理責任者の役割とは…………………………54

23 監査における内部監査員の役割とは…………………………56

24 監査における被監査部門の役割とは…………………………58

25 システムと領域を考慮する……………………………………60

26 監査における調査の順序を考える……………………………62

27 適切な不適合指摘と是正処置要求とは………………………64

28 是正処置システムを構築する…………………………………66

29 是正処置の効果確認と最終報告について……………………68

30 陥りやすい失敗に留意する……………………………………70

31 監査役監査と内部品質監査の役割分担を知る………………72

PART4 チェックリストの考え方と事例

32 QMS の成熟度に応じたチェックリストを準備する………76

33 「文書管理のチェックリスト」を考える……………………78

34 「品質目標のチェックリスト」を考える……………………80

35 「力量、認識及び教育・訓練のチェックリスト」を考える…82

36 「顧客とのコミュニケーションのチェックリスト」を考える…84

37 「監視及び測定のチェックリスト」を考える………………86

PART5 不適合と是正処置

38 指摘にも「よい指摘」と「悪い指摘」がある………………90

39 3S を観察する…………………………………………………92

40 目的・手段の釣り合いをチェックする………………………94

41 結果から原因を見きわめる……………………………………96

42 手法を使って是正処置案を抽出する…………………………98

43 品質コストと有効性から是正処置案を評価する……………100

44 是正処置の効果を実務的に確認するには……………………102

45 監査の改善がQMS の改善につながる………………………104

46 監査を通して予防処置を行う…………………………………106

現在在庫がありません