• プレス技術
  • 機会設計
  • 型技術
  • 工場管理
  • 工業材料
  • ISOマネジメント
  • 機会技術
1年定期購読をする

一冊購入

機械技術 2019年10月号

定価(税込)  1,446円

【特集】
高精度・高品位化要求に応える精密研削技術

 自動車部品から情報機器・光学機器や航空宇宙機材まで、各種部品の要求精度の高度化により、寸法精度や表面粗さなどにますます厳しい精度が要求されています。その高精度・高度化要求に応えるのが精密研削加工であり、真円度や平面度など高い形状の精度が求められる仕上げ加工に欠かせない加工技術です。また、加工対象材料も鉄鋼からSiC・サファイア・セラミックスなどの高硬度脆性材料まで大きく拡大しています。それだけに加工機としての研削盤の高精度化や、そして同時に高度化する研削技術に対応できる熟練した技術・技能が必要とされています。
 本特集では、高精度・高品化要求に応える精密研削技術および精密加工を支える周辺技術の技術技術をまとめ、紹介します。

誌面リニューアル記念キャンペーン実施中!←こちらをクリック!

  • 1年定期購読をする

目次

機械技術
Mechanical Engineering
2019年10月号
Vol.67  No.11

特集 高精度・高品位化要求に応える精密研削技術

【解説】
●cBNホイールによる高能率高品位研削加工の追求
京都工芸繊維大学 太田 稔
●ELID研削による微細加工とイオンショットドレッシングシステムの実用化
国立開発研究法人 理化学研究所 大森 整、上原嘉宏、加藤照子
●環境に配慮した研削液供給技術
日本工業大学 二ノ宮進一
●高精度・高精細研削と砥石表面性状の測定
日本大学 内田 元、山田高三
●AEセンサによる研削加工状態可視化技術-可視化による加工効率化の支援-
長野県工業技術総合センター 長洲慶典

【研削盤】
●研削盤-高品位・精密研削加工の自動化対応する“UP”シリーズ
(株)アマダマシンツール 三谷知範
●究極の平面創成を追求する超精密平面研削盤「UPG-CA」シリーズの開発
(株)岡本工作機械製作所 吉田 裕
●CBN砥石を用いた高品位研削加工技術の開発
(株)ジェイテクト 森田 浩
●高精度・高生産性要求に応える超精密研削加工機
(株)ナガセインテグレックス 長瀬幸泰

【周辺技術】
●砥石の回転精度とスピンドル
セイコーインスツル(株) 久保田 亨
●難削材加工用超砥粒ホイールと加工技術
豊田バンモップス(株)  峰島 啓
●難削材の高精度・高品位加工の要求に応える均質ビトリファイド砥石
(株)ノリタケカンパニーリミテド 福島正人
●高清浄度クーラントシステム
(株)CNK 松元哲也
●高品位研削加工と液ろ過システム-トランザー1ミクロンフィルター-
トランザーフィルター日本(株) 中村裕司
●StuderTechnologyのおかげで誰もが研削エキスパートに
スチューダテック(株) 宮田 高

【テクニカルレポート】
●ものづくりの世界に革命を起こすアクアREVOドリルオイルホール
(株)不二越  干場俊洋

【インタビュー】
●切削加工用超硬合金丸棒素材のニーズに応え1本からのオーダーにも対応
日本金鷺硬質合金(株) GESAC Japan張志猛取締役副社長に聞く
編集部

【連載】
●IoT時代のモノづくりを支える「品質向上」と「品質強化」の進め方-ITツールを活用した現場改善
第9回 「品質向上」「品質強化」のためのIoT化を進める手順7
統合品質データベースによる高度な製品保証の実現
(株)アムイ 山田浩貢
●晴のち曇り 時々晴れ
A Farewell to Arms
数巧社 笹野幹夫
●モノづくりの散歩道 
第13回 滑らないマンホールの蓋の取り組み
APTES技術研究所 愛 恭輔
●少年の目(156)
堅田観光案内
(株)ツールバンク 谷 泰弘
●加工現場から生産設計へのメッセージ
第59回 CBN砥石によるアクリル材の平面研削仕上げ面の粗さ
杉浦技術士事務所 杉浦守彦
●今月のM&T(マシン&ツール)
ヘッド交換式ドリル「DrillMeister」
(株) タンガロイ
●NEWS of NEWS
・2019年7月の工作機械受注実績前年同月比33.0%減の1,012億7,800万円
・マグネスケール、創業50周年記念セレモニーを開催
・キャプテンインダストリーズ、ROLLONスピーディーレール販売開始
・三菱マテリアル切削アカデミー2019開催 新ミーリングコース募集開始
・ASEAN最大級の展示会METALEX 2019開催
・ABTEC2019埼玉大学にて3日間開催 235件の学術講演発表が行われる

TECH INFORMATION
BOOK REVIEW
特許情報最前線
イベント告知板 
TOPICS
スタッフ通信

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®。
Adobe Readerがない方はこちらからダウンロードしてください。

Get ADOBE READER

1年定期購読をする 一冊購入