• プレス技術
  • 機会設計
  • 型技術
  • 工場管理
  • 工業材料
  • ISOマネジメント
  • 機会技術
1年定期購読をする

一冊購入

機械設計 2019年3月臨時増刊号

定価(税込)  1,998円

【特集】
主要機械要素選定ガイド2019

 機械に使用される部品やユニットは工作機械をはじめとした主要なユーザーの要求に応える中で性能を向上させ、さまざまな分野で適用されている。近年では旺盛な需要に供給が追いつかない事態も生まれ、改めて機械産業に不可欠な存在として認知されることになった。
 本ガイドでは日本工作機器工業会の協力を得て、各分野における最近の技術動向、適用例、今後の展望を紹介した。
巻末には企業別生産品目一覧表も掲載した。

誌面リニューアル記念キャンペーン実施中!←こちらをクリック!

  • 1年定期購読をする

目次

「機械設計」2019年 3月臨時増刊号

主要機械要素選定ガイド2019

【総論】
パラダイムシフトが進む工作機器の現状と展望
東京農工大学 堤 正臣

【解説】
〇電磁クラッチ・ブレーキ
1. 電磁クラッチ・ブレーキの概要シンフォニアテクノロジー
桑原秀明

2. 事例 1 自動搬送台車の用途事例
三木プーリ 関水慎吾

3. 事例 2 ロボット用電磁ブレーキの用途事例
小倉クラッチ 相楽 進

4. 事例 3 張力制御用クラッチ・ブレーキおよびコントローラの用途事例
小倉クラッチ 松本益幸

5. 事例 4 エレベータ用ブレーキの用途事例
小倉クラッチ 金山典充

6. 事例 5 自動車用電磁クラッチの用途事例
小倉クラッチ 黒須義弘

7. 事例 6 多関節ロボット用ブレーキの用途事例
三木プーリ 関水慎吾

8. 事例 7 自動ドア用ツースブレーキの用途事例
シンフォニアテクノロジー 尾上孝志

Columnわが国の陸閘・水門の電動化
シンフォニアテクノロジー 福﨑亮一

〇ボールねじ
1. ボールねじの概要
日本工作機器工業会 ボールねじ技術委員会

2. 工作機械用ボールねじの最新技術動向
日本精工 信朝雅弘

3. 産業機械用ボールねじ
THK 太田智博

4. ミニチュアボールねじの進化とその応用事例
ケーエスエス 飛ヶ谷正博

5. 工作機械に使用される直動案内機器の動向
黒田精工 亀山真也

〇直動案内
1. 直動転がり案内の最新技術動向
THK 鈴木紀文

2. ローラタイプ直動案内機器の技術動向
日本トムソン 岡本栄一

3. 工作機械用リニアガイドの信頼性向上技術
日本精工 中野健太

4. ニードルローラを用いたローラガイドの特徴と使い方
日本ベアリング 植木雄亮

〇軸継手
1. 軸継手の概要アイセル
望月健児

2. 日本工作機器工業会規格TES 1402:2018 カーブドジョー形たわみ軸継手の用語及び試験方法
日本工作機器工業会 軸継手分科会技術委員会

3. 事例 1 ボールカップリングの構成と特徴
アサ電子工業  麻 健

4. 事例 2 高剛性制振カップリング
鍋屋バイテック会社 岩井剛一

5. 事例 3 トルクセンサ内蔵カップリング「センシングフレックス」の紹介
三木プーリ 廣澤雅晴

6. 事例 4 インダストリー 4.0時代の要素部品「トルク計内蔵カップリング」
アイセル 望月健児

〇チャック
1. チャックの概要
日本工作機器工業会 チャック技術委員会

2. チャックの使用上の注意
日本工作機器工業会 チャック技術委員会

3. アクチュエータ
日本工作機器工業会 チャック技術委員会

4. 特殊パワーチャック
日本工作機器工業会 チャック技術委員会

〇ツーリング
1. ツーリングの基礎と選定
エヌティーツール 深川克敏

2. Factory Managerによる工具管理
大昭和精機 髙松啓一

3. コレットチャック
ユキワ精工 白井文也

4. 焼きばめホルダ
MSTコーポレーション 楠戸敏基

5. アンギュラヘッド
共立精機 石渡光平

6. 同期ホルダと従来タッパ
カトウ工機 加藤祐造

7. 難削材加工用のエクストリームチャック
日研工作所 三角 進

〇アタッチメント
1. ロータリテーブルの概要
日研工作所 三角 進

2. 小型NC円テーブルの選定と活用
ユキワ精工 浅野英則

3. 自動化に貢献する円テーブル(中型)
北川鉄工所 縄稚慶典

4. 大型円テーブル
三共製作所 杉村 彰

5.  5軸 NCロータリテーブルの動向
津田駒工業 出戸亮多
6. DDモータ付きNC円テーブルの概要
松本機械工業  東 貴教
7. 自動化を見据えたマシンバイスの動向と取組み
ナベヤ 渡辺雅史

■日本工作機器工業会 正会員企業リスト
■正会員企業別 生産品目リスト



特集

【総論】パラダイムシフトが進む工作機器の現状と展望pdf
東京農工大学 堤 正臣

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®。
Adobe Readerがない方はこちらからダウンロードしてください。

Get ADOBE READER

1年定期購読をする 一冊購入