• プレス技術
  • 機会設計
  • 型技術
  • 工場管理
  • 工業材料
  • ISOマネジメント
  • 機会技術
1年定期購読をする

一冊購入

機械技術 2018年10月号

定価(税込)  1,420円

【特集】
特集1 バリ取り・エッジ仕上げの基本技術と自動化・ロボット化への課題

モノづくりの現場では、多くの工作機械や各種の加工装置が稼働している。機械加工には必ずバリ問題が残り、製造現場においては無視することできない重要な課題で、製品の高精密化、高機能化が進み、組み込まれる部品も微細・複雑形状化しており、高品質化に対する要求はとどまることはなく、製品の性能・品質を左右する部品の仕上げ技術として、バリ取り・エッジ仕上げの自動化・ロボット化技術が注目されている。
また、切削加工・研削加工では生産加工では環境負荷の低減が求められ、加工液の削減、工作機械・機器の省エネルギー、工具の開発が進められている。エコ・ソリューション技術とは、工具技術、加工技術、冷却・潤滑技術、ミスト供給技術、MQL・油膜付き水滴技術、潤滑油・加工切りくず処理技術、分離・回収技術、集塵技術、浄化技術など広範な技術の総合技術といえる。
10月号では、特集1を「バリ取り・エッジ仕上げの基本技術と自動化・ロボット化への課題」として、さまざまなバリ取りの基本技術と自動化・ロボット化の紹介し、特集2で「環境対応加工とエコ・ソリューション技術」とし、MQL加工、切りくず処理などの環境対応加工の各種製品や要素技術などを紹介する。

  • 1年定期購読をする

目次

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®。
Adobe Readerがない方はこちらからダウンロードしてください。

Get ADOBE READER

1年定期購読をする 一冊購入