• プレス技術
  • 機会設計
  • 型技術
  • 工場管理
  • 工業材料
  • ISOマネジメント
  • 機会技術
1年定期購読をする

一冊購入

機械設計 2017年1月号

定価(税込)  1,420円

【特集】
モノづくりの新時代を切り開く!機械設計の課題と展望 2017

いま設計者が知っておくべき設計・開発に関するトピックスをピックアップし、それぞれの現状と課題、今後の方向性を解説する。
IoT、AI、自動運転技術などモノづくりのあり方に大きな影響を与える動きが顕在化している。また、3Dプリンターなどのツールの進化も設計のあり方を変える可能性がある。このような環境の中で市場競争を勝ち抜くために、設計者はさまざまなことにアンテナを張り巡らしておくことが求められている。
例えば、図面の記載法の項目では、幾何公差の指示の仕方をグローバルに通用するやり方に変えなくてはならないことを指摘した。

雑誌定期購読キャンペーン実施中!←こちらをクリック!

  • 1年定期購読をする

目次

機械設計2017年1月号 第61巻 第1号 
2017 Vol.61 No.1


【特集】
モノづくりの新時代を切り開く!
機械設計の課題と展望 2017

1.グローバル時代の図面の現状と変化~ガラパゴス図面からグローバル図面へ~
ラブノーツ/六自由度技術士事務所 山田 学

2.設計ツール活用の現状と課題
HLworks 草野 多恵

3.3Dデータの多角的な活用の推進
水野 操

4.3Dプリンター活用 ~人材育成と材料費低減が普及のカギを握る~
水野 操

5.自動運転技術の課題と展望
佐藤R&D 佐藤 国仁

6.機械設計者が知っておきたいIoTの動向と活用に向けた取組み方
産業革新研究所 熊坂 治

7.協働ロボットシステムが促す生産システムの機能安全対応
~人―システム協調時代を見据えたリスクアセスメントの連鎖を~
日刊工業新聞社 今堀 崇弘

8.人工知能が機械製品開発に与える影響
狐塚 淳


特別企画
実用化が期待されるリチウムイオンキャパシタの可能性を探る
大阪電気通信大学 臼田 昭司

入門編 リチウムイオンキャパシタとはどのような蓄電デバイスか

応用編 リチウムイオンキャパシタの活用・応用事例


【新連載】
新たな製品開発のアプローチ
材料・プロセス選定のためのAshby法と機械設計
第1回 Ashby法と1DCAEの融合による製品開発プロセス
東京大学 大富 浩一,日立製作所 山崎 美稀


主要記事
中小工場が新製品を売り込む総合力レベルアップ
中村 和夫


今月のPick Up!
JIMTOF2016第28回日本国際工作機械見本市に見る注目の技術(上)
渡部技術士事務所 渡部 厚夫


【連載】
●リレーエッセイ My Favorite 72
自動運転への夢
中村 功

●だから,機械はおもしろい!
第81回 Physical integrationは美しいが直しにくい
東京大学 中尾 政之

●製造業のための中国文化入門
第12回 中国の消費拡大実情
長谷川 和三

●インダストリー4.0はモノづくりをどう変えるか
第17回 今後の課題;中小企業に導入するに当っての課題(その4)
経済産業研究所 岩本 晃一

●機械屋のための脳科学入門 脳のリバースエンジニアリング
第33回 意識の研究アプローチ―実験と理論
東京大学 高橋 宏知

●Mathcadで学ぶ工学技術計算ソフトによる設計業務の効率化・高度化
第26回 Mathcadの使い方 応用(12) 機構解析 その2
テクファ・ジャパン 香取 英男

●スキルアップ講座 続・設計力がつく実感の材料力学
第42回 水素爆発による原子炉建屋の破壊―放射性物質の放出①―
埼玉大学 大滝 英征

FOCUS
JIMTOF2016 に見る機械要素メーカーの動向

SEKKEI FLASH
新製品ニュース
INFORMATION
News File(国内ニュース)
Trend Note(海外ニュース)
Sekkei Book Review
バックナンバー
編集後記

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®。
Adobe Readerがない方はこちらからダウンロードしてください。

Get ADOBE READER

1年定期購読をする 一冊購入