• プレス技術
  • 機会設計
  • 型技術
  • 工場管理
  • 工業材料
  • ISOマネジメント
  • 機会技術
1年定期購読をする

一冊購入

工業材料 2016年6月号

定価(税込)  1,420円

【特集】
高分子材料ABCとナノテクノロジーの現状と展望

バイオプラスチックは、温暖化防止や資源枯渇対策に寄与できるため、食品用の包装容器シート、繊維などの汎用品の利用が拡大している。一方、電子機器などの耐久製品用高機能バイオプラスチックの開発も進んでいる。図は「難燃性ポリ乳酸複合の電子機器への展開」(P.48)。

高分子材料は自動車、電気・電子機器など身近なものに使われ、最近では製品の高機能化に対する要求に応えるため高分子材料の特性改善・向上技術の開発が急務となっている。ここで注目されるのが、ナノテクノロジー技術。その進歩とともに、高分子ナノ材料の基本である「アロイ・ブレンド・コンポジット(高分子ABC)」においても、革新的な材料や評価手法の開発がなされ、新しい材料の開発や技術の革新が可能になっている。本特集では、革新的開発の進む高分子材料ABCのナノテクノロジー開発の現状を取り上げ、将来への課題と道筋を探る。


雑誌定期購読キャンペーン実施中!←こちらをクリック!

  • 1年定期購読をする

目次

工業材料2016年6月号
ENGINEERING MATERIALS Vol.64No.6

【特集】
高分子材料ABCとナノテクノロジーの現状と展望

〔総論〕
高分子材料ABCとナノテクノロジーの現状と展望
豊田工業大学 岡本 正巳

〔解説1〕
単層カーボンナノチューブの合成と複合材料への応用
日本ゼオン(株) 上島 貢

〔解説2〕
シリコーン系自己接着LIMS材料
信越化学工業(株) 加藤 野歩

〔解説3〕
複合材料における炭素繊維の表面改質技術とその効果
三菱レイヨン(株) 杉浦 直樹

〔解説4〕
ポリシラン添加PPの熱融着特性に関する研究
滋賀県立大学 徳満 勝久

〔解説5〕
電子機器用の高機能バイオプラスチック
日本電気(株) 位地 正年

〔解説6〕
フィラー分散高分子の温度に対する導電性
大阪市立大学 堀邊英夫、金沢工業大学 河野 昭彦

〔解説7〕
非晶性バイオプラスチックPLANEXT(R)の開発
帝人(株) 山中 克浩

〔解説8〕
磁場を用いたフィラーの配向制御
首都大学東京 山登 正文

〔Report〕
高機能素材ワールド2016など見学記
安田ポリマーリサーチ研究所 安田 武夫

◆企業・研究所訪問&interview
現場を知り、現場に密着したソリューション技術を提供する
ポリプラスチックス(株) 研究開発本部テクニカルソリューションセンター

ちょっとした遊び心を大切に センター長松島三典氏に聞く

〔主要記事〕
上級エンプラの耐久時間─脆性破壊の分子量に低下するまでの時間─
安永 茂樹

〔特別寄稿〕
接着剤の威力(下)─接着だけで人が渡れる橋は架けられるのか─
宮入 裕夫

■連載
材料設計・加工プロセス技術の新たな試み
第12回 アルミナ分散マグネシウムの粉末成形法
玉川大学 川森 重弘

材料ウォッチ
フォーカス触媒、二酸化炭素の直接高分子化とキラルケイ素化合物
“高付加価値”にこだわった材料を開発・供給 機能化学各社

羅針盤 第77回
広域経済圏への移行─21世紀の新秩序─
内田 盛也

材料・資源・環境ファイルNo.65
炭素繊維の生産と用途開発
宮入 裕夫

成形加工レオロジー・シリーズ[第Ⅲ弾]
ポリ塩化ビニル(PVC)の成形加工性(46)
藤山ポリマーリサーチ 藤山 光美

世界の自動車産業におけるプラスチック材料・製品・生産システムの最新動向
第17回 自動車部品の生産システム・工法の開発
─軽量化構造体材料および製造技術(2)─
坂上技術士事務所 坂上 守

談話室
君は宇宙を語りしや
町田 輝史

材料BUSINESS
3Dプリンタと造形材料の市場動向
(株)シーエムシー・リサーチ 初田 竜也

Q&A材料相談室
電荷移動錯体重合について

●今月のNEWS of ENGINEERING MATERIALS

●「工業材料」総目次(2016年1月号~6月号)

●本の紹介

●編集後記・次号予告

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®。
Adobe Readerがない方はこちらからダウンロードしてください。

Get ADOBE READER

1年定期購読をする 一冊購入