• プレス技術
  • 機会設計
  • 型技術
  • 工場管理
  • 工業材料
  • ISOマネジメント
  • 機会技術
1年定期購読をする

現在在庫がありません

工業材料 2013年7月号

定価(税込)  1,419円

【特集】
【特集Ⅰ】成長戦略下での実力発揮を期待される 革新的CNT複合材料の開発現況 【特集Ⅱ】海洋研究におけるJAMSTECと産業界との連携成果について

雑誌定期購読キャンペーン実施中!←こちらをクリック!

  • 1年定期購読をする

目次

工業材料2013年7月号 Vol.61 No.7 定価1,380円(税込)

【特集Ⅰ】
成長戦略下での実力発揮を期待される
革新的CNT複合材料の開発現況

〔解 説〕
発展する日本のカーボン材料
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 中村 徹

〔プロジェクト概要〕
単層CNTの実用化を目指して試料提供を実施
―低炭素社会を実現する革新的カーボンナノチューブ複合材料開発プロジェクト
(独)産業技術総合研究所 湯村 守雄  技術研究組合単層CNT融合新材料研究開発機構 上野 光保

〔個別開発事例〕
グラファイト/グラフェンパウダーを活用した機能性ゴム素材の研究開発
パナソニック株式会社 西木 直巳

高機能フッ素樹脂の実用化開発
大陽日酸株式会社 三好 健太朗  坂井 徹

湿式プロセスによるグラフェンを活用した高周波帯域電磁波吸収体の開発
技術研究組合単層CNT融合新材料研究開発機構 
長谷川 雅考  武 誠司  宮園 亨樹  嶋田 那由太  堀部 雅弘

窒化物材料上グラフェンを活用したテラヘルツ帯デバイスの研究開発
東北大学 末光 眞希  住友電気工業株式会社 中林 隆志

グラフェンを活用した高感度汎用FETバイオセンサー材料の研究開発
メルク株式会社 長谷川 雅樹  大阪大学 松本 和彦

〔サブ解説―自動車軽量化での応用展開〕
BMWのCFRP車体の量産電気自動車の開発―自動車の軽量化の進展について
ビー・エム・ダブリュー株式会社 山根 健

〔サブ解説―業界動向〕
PAN系炭素繊維ビジネスをめぐる日系メーカーの動向
日刊工業新聞 浅海 宏規

【特集Ⅱ】
海洋研究におけるJAMSTECと
産業界との連携成果について

〔個別成果〕
深海用ナノカーボン含有高分子樹脂系表面処理剤の開発
(独)海洋研究開発機構 百留 忠洋

深海用プロファイリングフロートの実用化
(独)海洋研究開発機構 小林 大洋

大規模展開を見据えた次世代型海底地震計「OBS2G」の開発
(独)海洋研究開発機構 渡邊 佳孝  日本海洋事業株式会社 清水 賢

セラミックス耐圧容器の開発
(独)海洋研究開発機構 浅川 賢一

pH-CO2ハイブリッドセンサーの開発
(独)海洋研究開発機構 中野 善之


◆interview
熊本から世界に認められる研究成果を発出
―マグネシウム研究で内外連携ネットワークづくりも
熊本大学 先進マグネシウム国際研究センター センター長・教授 河村 能人 氏

MEDTEC Japan レポート

■連載
材料ウォッチ
求められる大学経営と基礎研究のバランス60
外資系化学品メーカー各社が日本に試作拠点―日本から世界の自動車産業を狙う

材料・資源・環境ファイル No.32
超高層建築とスリムなデザインを支える材料技術開発・高度設計の進展
宮入 裕夫

羅針盤 第43回
社会資本ビジネスの展開―国内補修・海外新設―
内田 盛也

プラスチック添加剤基礎講座―性能維持と機能付与のための添加剤・ブレンド・充填剤・補強材―第23回
複合材(その2)ポリマー系 ナノコンポジット
特定非営利活動法人 科学技術者フォーラム 矢崎 文彦

最新 工業触媒動向 第12回
自動車触媒
アイシーラボ 室井 髙城

・談話室
穴居性を損なうなかれ
室蘭工業大学 町田 輝史

・材料BUSINESS
フッ素樹脂の市場動向
(株)シーエムシー出版 井口 誠

・Q&A 材料相談室
ニトロセルロース(NC)とは?

●NEWS(Materials & Technology)
●本の紹介
●告知板
●新製品ダイジェスト
●編集後記・次号予告

特集

【特集Ⅰ】成長戦略下での実力発揮を期待される 革新的CNT複合材料の開発現況
〔解 説〕
発展する日本のカーボン材料
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 中村 徹

〔プロジェクト概要〕
単層CNTの実用化を目指して試料提供を実施
―低炭素社会を実現する革新的カーボンナノチューブ複合材料開発プロジェクト
(独)産業技術総合研究所 湯村 守雄  技術研究組合単層CNT融合新材料研究開発機構 上野 光保

〔個別開発事例〕
グラファイト/グラフェンパウダーを活用した機能性ゴム素材の研究開発
パナソニック株式会社 西木 直巳

高機能フッ素樹脂の実用化開発
大陽日酸株式会社 三好 健太朗  坂井 徹

湿式プロセスによるグラフェンを活用した高周波帯域電磁波吸収体の開発
技術研究組合単層CNT融合新材料研究開発機構 
長谷川 雅考  武 誠司  宮園 亨樹  嶋田 那由太  堀部 雅弘

窒化物材料上グラフェンを活用したテラヘルツ帯デバイスの研究開発
東北大学 末光 眞希  住友電気工業株式会社 中林 隆志

グラフェンを活用した高感度汎用FETバイオセンサー材料の研究開発
メルク株式会社 長谷川 雅樹  大阪大学 松本 和彦

〔サブ解説―自動車軽量化での応用展開〕
BMWのCFRP車体の量産電気自動車の開発―自動車の軽量化の進展について
ビー・エム・ダブリュー株式会社 山根 健

〔サブ解説―業界動向〕
PAN系炭素繊維ビジネスをめぐる日系メーカーの動向
日刊工業新聞 浅海 宏規
【特集Ⅱ】海洋研究におけるJAMSTECと産業界との連携成果について
〔個別成果〕
深海用ナノカーボン含有高分子樹脂系表面処理剤の開発
(独)海洋研究開発機構 百留 忠洋

深海用プロファイリングフロートの実用化
(独)海洋研究開発機構 小林 大洋

大規模展開を見据えた次世代型海底地震計「OBS2G」の開発
(独)海洋研究開発機構 渡邊 佳孝  日本海洋事業株式会社 清水 賢

セラミックス耐圧容器の開発
(独)海洋研究開発機構 浅川 賢一

pH-CO2ハイブリッドセンサーの開発
(独)海洋研究開発機構 中野 善之

連載・レポート・主要記事

◆interview
熊本から世界に認められる研究成果を発出
―マグネシウム研究で内外連携ネットワークづくりも
熊本大学 先進マグネシウム国際研究センター センター長・教授 河村 能人 氏
材料ウォッチ
求められる大学経営と基礎研究のバランス
外資系化学品メーカー各社が日本に試作拠点―日本から世界の自動車産業を狙う
最新 工業触媒動向 第12回
自動車触媒
アイシーラボ 室井 髙城

From Editor

<お詫びと訂正>

本書(P77、78)に不適当な表記がありました。
お詫びして訂正いたします。

【特集Ⅱ】海洋研究におけるJAMSTECと産業界との連携成果について
      pH-CO2ハイブリッドセンサーの開発

訂正pdf←こちらから正しいものがご覧いただけます。

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®。
Adobe Readerがない方はこちらからダウンロードしてください。

Get ADOBE READER

1年定期購読をする 現在在庫がありません