• プレス技術
  • 機会設計
  • 型技術
  • 工場管理
  • 工業材料
  • ISOマネジメント
  • 機会技術
1年定期購読をする

現在在庫がありません

機械設計 2011年11月号

定価(税込)  1,419円

【特集】
‌製品開発のための強度設計法入門

 安全性の高い製品開発を行うために,開発の各プロセスで材料力学やCAE,過去の事故事例の検証結果など,さまざまな技術が用いられている。製品ライフサイクルの短縮や試作レス,開発コスト削減といった要求が高まりを見せる中で,これらの技術を適材適所で活用したり,時には融合しながら検証することが必
要となる。
 特集では,製品事故を未然に防ぐ強度・破壊評価法を指南する。振動,荷重計算による強度評価手法や,データベースを基にした疲労破壊評価法,シミュレーション結果を活用した疲労評価手法などの分野を網羅。評価結果を基にした設計対策法も合わせて紹介する。

雑誌定期購読キャンペーン実施中!←こちらをクリック!

  • 1年定期購読をする

目次

機械設計2011年11月号 第55巻 第11号 Vol.55 No.11

【特集】 ‌製品開発のための強度設計法入門

第1章 製品の信頼性と強度設計
鯉渕 興二

第2章 強度評価の流れ
1 実働荷重と振動
工学院大学 小久保 邦雄,田中 基八郎

2 構造設計の流れ―強度設計の心得
工学院大学 初田 俊雄

3 応力評価のモデル化手法と応力集中
工学院大学 小久保 邦雄

4 疲労破壊の現象と評価
鯉渕 興二

第3章 疲労破壊の評価法
1 材料と製品の疲労破壊評価に役立つデータの活用法
日立製作所 田中 伸司 岡部 健一

2 局部の強度評価による製品の疲労設計データベース
鯉渕 興二

3 ソフトウェアによる疲労破壊評価法
エムエスシーソフトウェア 天野 康弘,鯉渕 興二

短期集中連載
モータ新潮流 SRモータが拓く脱レアアース化への道 
第1回 SRモータの誕生と実用化への歩み
日本電産モーター基礎研究所 見城 尚志

主要記事
段取りコストを90%低減するモジュール式高速パレット交換システム
シュンク・ジャパン 高野 基一郎

解説記事
知られざる歴史を検証
特許公報でたどる「パラレルメカニズム機構の出現(4)」
フライトシミュレータ編
渡部 厚夫

特別企画
第27回 モノづくりフェア2011

TOPICS
短期間での次世代低燃費車設計に威力を発揮する3次元CAD
Edison2 R&D責任者 Brad Jaeger氏に聞く
ニコラデザイン・アンド・テクノロジー 水野 操

連載
■リレーエッセイ My Favorite (11)
登山用品の出来を左右する透湿防水素材の争い
防衛大学校 吉冨 健一郎

■イトケン先生の現場で役立つココだけのはなし
第10回 「通訳さん」「通訳さん」と言われた筆者!?
イトケン研究所 伊藤 健一

■研究室訪問 新たなシーズを求めて
第41回 法政大学 理工学部 航空・機械音響研究室

■だから,機械はおもしろい!
第19回 絶滅技術を見直す
東京大学 中尾 政之

■知ってなアカン! 機械設計者のための知的資産活用法 
個人で使える知財もある!
第3回 「知的資産」の創り方 その2
EHテクノロジー 佐野 義幸

■ゼロからはじめるFPGA設計入門
第7回 テスト用信号発生回路の記述(基本論理演算回路をテストする)
東京都立産業技術研究センター 坂巻 佳壽美

■技術マーケティング入門 
変革期の設計者が身につけるスキルとノウハウ
第11回 販売マーケティングと技術マーケティング
経営システム研究所 冨田 茂

■新アーキテクチャー論 次世代設計者のための設計構想の構築と展開
第2回 日本,中国の産業政策を通して考える今後の技術開発のあり方
埼玉大学 大滝 英征

■技術革新がもたらす創造の視点
第8回 万有引力の法則と科学的発見の創造の過程
飯田教育総合研究所 飯田 清人

DESIGN IDEAS
1 ラベル貼りユニット
2 ‌ストローク調整スライダ

FOCUS
分析展2011・科学機器展2011/米Autodesk カール・ホワイト氏,サラ・クレスリー氏インタビュー/シーメンスPLM

ソフトウェア 最新版ST4の出荷で勢いを増すSolid Edge

SEKKEI FLASH
ソリッドワークス・ジャパン 3次元CAD最新版を発売/IHI 精密なはめあい部品を組み付けるロボット公開,力制御

を応用/SIM—Driveとダッソー・システムズ 電気自動車の先行開発で提携/アルテック 3Dプリンタの新レンタルサ

ービスを開始

編集子の読書日記
新製品ニュース
INFORMATION
News File(国内ニュース)
Trend Note(海外ニュース)
バックナンバー
編集後記

特集

第1章 製品の信頼性と強度設計pdf
鯉渕 興二
第2章 強度評価の流れpdf
1 実働荷重と振動
工学院大学 小久保 邦雄,田中 基八郎
第2章 強度評価の流れpdf
2 構造設計の流れ―強度設計の心得
工学院大学 初田 俊雄
第2章 強度評価の流れpdf
3 応力評価のモデル化手法と応力集中
工学院大学 小久保 邦雄
第2章 強度評価の流れpdf
4 疲労破壊の現象と評価
鯉渕 興二
第3章 疲労破壊の評価法pdf
1 材料と製品の疲労破壊評価に役立つデータの活用法
日立製作所 田中 伸司 岡部 健一
第3章 疲労破壊の評価法pdf
2 局部の強度評価による製品の疲労設計データベース
鯉渕 興二
第3章 疲労破壊の評価法pdf
3 ソフトウェアによる疲労破壊評価法
エムエスシーソフトウェア 天野 康弘,鯉渕 興二

連載・レポート・主要記事

短期集中連載pdf
モータ新潮流 SRモータが拓く脱レアアース化への道 
第1回 SRモータの誕生と実用化への歩み
日本電産モーター基礎研究所 見城 尚志
解説記事pdf
知られざる歴史を検証
特許公報でたどる「パラレルメカニズム機構の出現(4)」
フライトシミュレータ編
渡部 厚夫
■知ってなアカン! 機械設計者のための知的資産活用法pdf
個人で使える知財もある!
第3回 「知的資産」の創り方 その2
EHテクノロジー 佐野 義幸

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®。
Adobe Readerがない方はこちらからダウンロードしてください。

Get ADOBE READER

1年定期購読をする 現在在庫がありません