• プレス技術
  • 機会設計
  • 型技術
  • 工場管理
  • 工業材料
  • ISOマネジメント
  • 機会技術
1年定期購読をする

現在在庫がありません

工業材料 2011年2月号

定価(税込)  1,419円

【特集】
電波吸収体-最新技術動向と今後の展開

 情報機器の普及によって身の回りには多くの電波があふれている。携帯電話などの無線通信、高速無線LANやオフィス、病院などにおけるデータ伝送の無線化などは生活に多くの利益をもたらすが、他の情報機器への干渉、ノイズ発生、電子機器の誤作動、電波障害などを引き起こす原因となることから、電波吸収体の重要性がますます高まっている。
 こうした状況の中、電波吸収体の研究・開発は鋭意進められ、さまざまなタイプの吸収体が登場している。従来の機能に加え、耐熱性、耐環境性、安価、軽量化など付加価値への要求が高まる一方で、ETCやRFIDなど使用環境に応じ、視認性、通気性などを考慮したさまざまな構造体の開発も進められている。
 本特集では、電波吸収体の最新動向や今後の展開、技術開発の動向などについて紹介する。

  • 1年定期購読をする

目次

工業材料2011年2月号 定価1,380円(税込)

ENGINEERING MATERIALS
2011. 2 Vol.59 No.2

【特集】電波吸収体-最新技術動向と今後の展開

[解説]
電波吸収体技術の現状
青山学院大学 橋本 修

無線端末機器のシールド実装技術
NEC 半杭 英二

電波吸収体の市場動向
TDK-EPC(株) 栗原 弘

[事例・トピックス]
シミュレーション手法を用いた電磁シールド建物計画技術
大成建設(株) 遠藤 哲夫

鉄筋コンクリート壁のシールド特性に関する研究
東急建設(株) 川瀬 隆治

アンテナ較正サイトを目指した10m法電波暗室の検討
TDK-EPC(株) 栗原 弘、鈴木 良和、斉藤 寿文

セラミックス製電磁波吸収材料
(財)ファインセラミックスセンター 東田 豊

ポリイミド樹脂を用いた耐熱軽量電波吸収体
(株)I.S.T 森内 幸司、田山 紘介

抵抗被膜型電波吸収体
(株)竹中工務店 原川 健一

ノイズ抑制シート「バスタレイドR」
NECトーキン(株) 小野 裕司

ハロゲンフリー電磁波抑制シート
大同特殊鋼(株) 廣谷 真澄

【report】
K2010視察報告
樹脂材料と射出成形技術を中心に-省エネ、省資源、環境負荷低減がキーワード
本間技術士事務所 本間 精一

【report】
FPD International 2010
有機EL材料、フィルム、偏光板、ターゲット材など多彩に展開
本誌編集部

【連載】
羅針盤 第14回
世界経済の行方-新興国主導の世紀
内田 盛也

講座 No.3
リチウムイオン二次電池の電極製造とバインダー-特性向上のためのポイント
泉化研 菅原 秀一

製品開発のためのプラスチック材料入門講座 No.8
生産量と各論(2) ポリエチレン(II)
安田ポリマーリサーチ研究所 安田 武夫

interview
大面積ナノ構造体金型作製・転写技術で反射防止効果、親水効果を応用展開
(独)産業技術総合研究所 集積マイクロシステム研究センター
大規模インテグレーション研究チーム 研究員 栗原 一真氏

談話室
風にあおられる帽子の行方
室蘭工業大学 町田 輝史

BUSINESS
中大型リチウムイオン電池の製造プロセスとコスト分析
(有)シーエムシー・リサーチ

Q&A 材料相談室
変性ロジンの名称と構造式について

コラム・にんげん生態考
自分の匂いには気がつかない!
サロンプランナー 吉沢 イサオ

NEWS(Materials & Technology)
告知板
FINALS

特集

[解説]電波吸収体技術の現状
青山学院大学 橋本 修
[解説]無線端末機器のシールド実装技術
NEC 半杭 英二
[解説]電波吸収体の市場動向
TDK-EPC(株) 栗原 弘
[事例・トピックス]
シミュレーション手法を用いた電磁シールド建物計画技術
大成建設(株) 遠藤 哲夫

鉄筋コンクリート壁のシールド特性に関する研究
東急建設(株) 川瀬 隆治

アンテナ較正サイトを目指した10m法電波暗室の検討
TDK-EPC(株) 栗原 弘、鈴木 良和、斉藤 寿文

セラミックス製電磁波吸収材料
(財)ファインセラミックスセンター 東田 豊

ポリイミド樹脂を用いた耐熱軽量電波吸収体
(株)I.S.T 森内 幸司、田山 紘介

抵抗被膜型電波吸収体
(株)竹中工務店 原川 健一

ノイズ抑制シート「バスタレイドR」
NECトーキン(株) 小野 裕司

ハロゲンフリー電磁波抑制シート
大同特殊鋼(株) 廣谷 真澄

連載・レポート・主要記事

【report】K2010視察報告
樹脂材料と射出成形技術を中心に-省エネ、省資源、環境負荷低減がキーワード
本間技術士事務所 本間 精一
【report】FPD International 2010
有機EL材料、フィルム、偏光板、ターゲット材など多彩に展開
本誌編集部
【連載】製品開発のためのプラスチック材料入門講座 No.8
生産量と各論(2) ポリエチレン(II)
安田ポリマーリサーチ研究所 安田 武夫

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®。
Adobe Readerがない方はこちらからダウンロードしてください。

Get ADOBE READER

1年定期購読をする 現在在庫がありません