• プレス技術
  • 機会設計
  • 型技術
  • 工場管理
  • 工業材料
  • ISOマネジメント
  • 機会技術
1年定期購読をする

現在在庫がありません

工場管理 2009年12月号

定価(税込)  1,419円

【特集】
不況に打ち勝つ!POP最新活用法

POP(Point Of Production:生産時点情報管理)が創案されて25年、今ではわが国独自の情報システム概念として一般的に用いられるようになった。
 特集ではPOP25年の歴史を概観するとともに、今日的なPOPの活用法を事例を交えながら紹介していく。

雑誌定期購読キャンペーン実施中!←こちらをクリック!

  • 1年定期購読をする

目次

工場管理 2009年 12月号 VOL55 No14 定価1380円(税込)

【特集】 POP創案25周年記念
不況に打ち勝つ!POP最新活用法

〈解説1〉 POP活用の歴史と展望 
POPの進化と最近の展開~管理の高度化に応え、業務革新を後押し~
戦略情報センター POP研究所 山口 俊之

〈解説2〉 POPの効果的な活用法
1. 生産管理/2. 工程進捗管理/3. 在庫管理/4. 仕掛り在庫・製造リードタイム/5. 差し立て計画/
6. 作業工数管理/7. 個別実績原価管理/8. 稼働管理/9. 品質管理/10. 製造履歴管理
戦略情報センター POP研究所 山口 俊之

〈ルポ〉 POP導入・運用の軌跡
POPで設備総合効率を15%向上、PDCAの短サイクル化も実現
日本容器

〈POPシステム最新活用事例〉
1.射出成形品製造会社における少量多品種生産への対応
2.自動車部品製造工場における生産管理システム
3.ベアリング加工業者における設備総合効率の改善
4.住宅用パッキン製造メーカーにおけるフレキシブルな生産システム
5.製造工程管理システム適用による製造実績精度向上と活用範囲拡大
6.ERP―POP連携による新システムの早期立上げと調整業務機能の強化
7.生産革新活動をITで支える製造管理システム
8.リアルタイムなデータコレクティングシステムの構築
9.工程情報の正確な把握と管理の最適化

【CLOSE UP】
第9回からくり改善くふう展 見てある記レポート


【VIEW】
グローバルマーケットにおける企業間連携をITツールで強力にサポート
~Zuken Innovation2009~

【現場の改善チャレンジャー】
"体育会系のノリ"が若手の意欲を駆り立てる!
~長年培ってきた技術力が活きた企業となるべくQCDを高めたい~
日の出製作所

【連 載】
仕組みを変えずにコストを語るな!~現場改善の延長では仕組みは変わらない、会社も変わらない~2
管理の「仕組み」そのものを変えよう!
アステックコンサルティング 岩室 宏

まんが de KAIZEN219
バラツキ改善の結果、1人屋台で大きな効果
ペガサスキャンドル 岡本サトエ

「改善力」ワンポイント講座68
「イチイチ・そのつど」には「あらかじめ・事前対応」で対処
日本HR協会 東澤文二

「目で見て進める工場管理」PARTV 27
仕掛り削減
「目で見て進める工場管理」研究グループ代表 岡田貞夫

楽しい改善講話50講 27
まずはモノを見る
えちぜん改善実践舎代表 越前行夫

生き残りを賭ける工場革新Q&A36
コストをかけずに、ネットビジネスへ参入することは可能ですか?
千代田第一工業 鈴木達雄

工場運営の光と影41
究極のモノづくりを追求している食品工場〈上〉
森田 勝

そのまま使えるモノづくり現場の英語コミュニケーション5
Types of Kanban Cards 1
松崎久純

起こってからでは遅い! いろはでたどる現場安全への道!! ~「な」の巻~
なによりも、大事に育てよ、安全文化
ブリヂストン 古賀良男

隠れた病巣を暴き、明快な処方箋を示す! ドクトル・ホリコンの企業経営診療録18
サービス業に学べ!~ホテル業編~
堀内智彦

こんな「会計論」が欲しかった! カイゼンのために必見!新しい会計学+製造現場のためのやさしい会計知識4
キャッシュ・フロー
田中正知・柊 紫乃

海外のゲンバから お!ナイスカイゼン2
見かけなんか気にするな!
ゲンバリサーチ シュミット・ブラッド

メンバーをその気にさせる 現場のコーチング術4
停滞気味の朝礼をどうにかしたい!
葛巻直樹

新しいジャスト・イン・タイム生産方式58
T社の新7つのムダ
付加価値経営研究所 関根憲一


News Clip
Information
New Products
Book Review
総目次
Back Number
次号予告&工管レンズ

特集

〈解説1〉 POP活用の歴史と展望pdf
POPの進化と最近の展開~管理の高度化に応え、業務革新を後押し~
戦略情報センター POP研究所 山口 俊之
〈解説2〉 POPの効果的な活用法pdf
1. 生産管理/2. 工程進捗管理/3. 在庫管理/4. 仕掛り在庫・製造リードタイム/5. 差し立て計画/
6. 作業工数管理/7. 個別実績原価管理/8. 稼働管理/9. 品質管理/10. 製造履歴管理
戦略情報センター POP研究所 山口 俊之
〈ルポ〉 POP導入・運用の軌跡pdf
POPで設備総合効率を15%向上、PDCAの短サイクル化も実現
日本容器
〈POPシステム最新活用事例〉
1.射出成形品製造会社における少量多品種生産への対応
2.自動車部品製造工場における生産管理システム
3.ベアリング加工業者における設備総合効率の改善
4.住宅用パッキン製造メーカーにおけるフレキシブルな生産システム
5.製造工程管理システム適用による製造実績精度向上と活用範囲拡大
6.ERP―POP連携による新システムの早期立上げと調整業務機能の強化
7.生産革新活動をITで支える製造管理システム
8.リアルタイムなデータコレクティングシステムの構築
9.工程情報の正確な把握と管理の最適化

連載・レポート・主要記事

【CLOSE UP】第9回からくり改善くふう展 見てある記レポート
日本プラントメンテナンス協会は10 月21 日、22 日の2 日間、名古屋市
港区のポートメッセなごやで「からくり改善くふう展」を開いた。9 回目とな
る今回は、28 企業・団体が151 個の自慢作品を披露した。日本だけでなく中
国などからの見学客がバスを連ねて続々とつめかけ、2 日間の来場者数は
3,400 人にのぼった。会場はオープン直後から、あちこちで人だかりができ、
あっという間に熱気に包まれた。
参加企業はトヨタ自動車やマツダ、デンソー、アイシン精機、マルヤス工業
など圧倒的に自動車関連メーカーが多かった。トヨタは駆動系部品を製造する
工場や、車の組立工場で実際に使っているからくりを出展。「最優秀からくり
改善賞」を受賞した箱の自重とからくり機構で空箱を供給する「必殺!木の葉
落とし」など「どれも各工場の担当者が考え抜き、試行錯誤して完成したもの」
(担当者)と胸を張る。
中堅・中小企業も負けてはいない。マツダの協力会社で組織する「J― ABC
からくり改善道場」参加企業の荻野工業、ダイキョーニシカワ、松本重工業、
宮川化成工業は、それぞれ積上げ作業を楽にする仕掛けや部品を簡単に取り出
す仕組みなどを発表した。各社のレベルは高く、このうち荻野工業は「優秀か
らくり改善賞」に輝いたほど。同じく「優秀からくり改善賞」を獲ったデンソ
ーに引けを取らない実力だった。
今回は初めて、タイの企業と大学が参加した。タイ企業のからくりは、溶接
の跡もなまなましい手作り感満載の作品。スプレー缶の残量を重さで選別する
という素朴なものだが、多くの人たちが展示に足を止めていた。
昨年秋の金融危機以降、自動車メーカーをはじめ日本の製造業は厳しい経営
環境下にある。しかし、こういう時だからこそ「知恵を使って、自分たちで現
場を改善する意識が強くなった」(出展企業)という。また、からくりはモー
タやシリンダーなどの動力源を使わずに、ものを運ぶ機構。日本だけでなく世
界の工場で、からくりが活躍する場面がまだまだ増えそうだ。(名古屋支社編
集部・大崎弘江)
仕組みを変えずにコストを語るな!~現場改善の延長では仕組みは変わらない、会社も変わらない~2
管理の「仕組み」そのものを変えよう!
アステックコンサルティング 岩室 宏
まんが de KAIZEN219
バラツキ改善の結果、1人屋台で大きな効果
ペガサスキャンドル 岡本サトエ

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®。
Adobe Readerがない方はこちらからダウンロードしてください。

Get ADOBE READER

1年定期購読をする 現在在庫がありません