• プレス技術
  • 機会設計
  • 型技術
  • 工場管理
  • 工業材料
  • ISOマネジメント
  • 機会技術
1年定期購読をする

現在在庫がありません

工業材料 2010年1月号

定価(税込)  1,419円

【特集】
次代を拓く工業材料 キーワード28

 弊誌が隔年1月号で取り上げる特集で、キーワードによって材料開発・応用の潮流を読み、その方向を探る。
 材料技術は、半導体デバイスや電子電気機器、自動車、建築、衣料、生活用品などあらゆる分野の進展を先導している。「材料の先導なくして産業の発展なし」といわれるように材料技術はあらゆる分野で重要な役割を担っている。
 また、昨今の大きな流れとして「資源・環境・エネルギー」への対応が必要不可欠な課題となっている。こうしたニーズに応えるべく、産学官あげてナノテクの活用による新機能発現、材料開発、化合・混合、複合化等による高機能化、物性向上に向けた努力を重ね、技術開発に取り組んでいる。
 本特集では、実用化され、脚光を浴びている新規材料をはじめ、新しくはないが改良を重ね、近未来に実用展開が期待されるであろう注目の材料を選び、それら材料の機能・物性、開発動向、用途、展望・課題など、最新のトレンドを紹介する。

  • 1年定期購読をする

目次

工業材料 2010年1月号 目次
特集 次代を拓く工業材料 キーワード28

 弊誌が隔年1月号で取り上げる特集で、キーワードによって材料開発・応用の潮流を読み、その方向を探る。
 材料技術は、半導体デバイスや電子電気機器、自動車、建築、衣料、生活用品などあらゆる分野の進展を先導している。「材料の先導なくして産業の発展なし」といわれるように材料技術はあらゆる分野で重要な役割を担っている。
 また、昨今の大きな流れとして「資源・環境・エネルギー」への対応が必要不可欠な課題となっている。こうしたニーズに応えるべく、産学官あげてナノテクの活用による新機能発現、材料開発、化合・混合、複合化等による高機能化、物性向上に向けた努力を重ね、技術開発に取り組んでいる。
 本特集では、実用化され、脚光を浴びている新規材料をはじめ、新しくはないが改良を重ね、近未来に実用展開が期待されるであろう注目の材料を選び、それら材料の機能・物性、開発動向、用途、展望・課題など、最新のトレンドを紹介する。

(1)圧縮水素ガス輸送・貯蔵材料 
住友金属工業(株) 大村 朋彦
(2)カーボンアロイ―白金代替の低価格触媒
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構 宮田 清藏、東京工業大学 柿本 雅明
(3)機能性ナノ膜 
首都大学東京 川上 浩良
(4)金属ガラス 
(財)次世代金属・複合材料研究開発協会 松井 健治
(5)グリーンサスティナブル触媒 
同志社大学 高津 淑人、日高 重助
(6)高温超伝導材料 
東京大学 下山 淳一
(7)高分子ナノワイヤー 
(独)物質・材料研究機構 後藤 真宏、笠原 章、土佐 正弘
(8)5nmダイヤモンド分散粒子 
(株)ナノ炭素研究所 大澤 映二
(9)酸化分解性ポリマー材料 
神奈川大学 木原 伸浩
(10)常磁性高分子 
筑波大学 後藤 博正
(11)新規バイオミメティックゲルの創製 
東京大学 桶葭 興資、吉田 亮
(12)真空紫外光による環境調和型光プロセス―光を創る・光で創る
宮崎大学 甲藤 正人、亀山 晃弘、加来 昌典、窪寺 昌一、横谷 篤至
(13)水素貯蔵材料 
(独)産業技術総合研究所 秋葉 悦男
(14)炭素グラフェン 
日本電信電話(株) 永瀬 雅夫
(15)超高強度鋼  
(独)物質・材料研究機構 木村 勇次、井上 忠信、 殷 福星、津崎 兼彰
(16)超臨界流体 
東京工業大学 碇屋 隆雄、榧木 啓人
(17)内部析出コンポジット 
京都大学 川口 昭夫
(18)ナノ金属磁性体 
明治大学 渡辺 友亮
(19)ナノファイバー 
東京工業大学 谷岡 明彦
(20)難燃性マグネシウム 
(独)産業技術総合研究所 坂本 満
(21)バイオマスプラスチックポリアミド4
(独)産業技術総合研究所 川崎 典起、山野 尚子、中山 敦好
(22)ハロゲンフリーの高純度エポキシ化合物 
大阪大学 市原 潤子
(23)フォトクロミズム 
大阪教育大学 辻岡 強
(24)フォトニクスポリマー 
慶應義塾大学 小池 康博、(独)科学技術振興機構 多加谷 明広
(25)フラーレンカーボンナノチューブ複合材 
京都大学 梅山 有和
(26)プラズモニック・メタマテリアル 
(独)理化学研究所 田中 拓男
(27)メソポーラス金属 
(独)物質・材料研究機構 山内 悠輔
(28)有機半導体材料 
九州大学 筒井 哲夫

新連載
羅針盤 第1回
工業立国の源流―明治政府の「工業人材」育成―
内田 盛也

performance
酸素分圧を制御した予備酸化で耐熱合金を長寿命化
(財)ファインセラミックスセンター 北岡 諭

REPORT
FPD International 2009レポート(上)―3D画像、電子ペーパー、タッチパネルやFPD関連が話題に―
安田ポリマーリサーチ研究所 安田 武夫

compliance
新・化学業法コンプライアンス(最終回)
泉化研(株) 菅原 秀一
--------------------------------------------------------------------------------
interview
セラミックス・ナノ粒子の秘めた機能を引き出し成形改善や用途拡大を追究する
名古屋大学 工学研究科 教授 藤 正督 氏

談話室
さらば嘆きのバトン
日本工業大学 町田 輝史

BUSINESS
半導体・電子デバイスの包装市場
(株)シーエムシー出版  伊藤 雅英、小林 敏幸

Q&A 材料相談室
反応性ポリメルカプタンについて

コラム・にんげん生態考
そんなに安くていいの?
サロンプランナー 吉沢イサオ
--------------------------------------------------------------------------------
NEWS(Materials & Technology)
告知板
本の紹介
「工業材料」総目次(2009年7月~12月号)
FINALS

特集

(1)圧縮水素ガス輸送・貯蔵材料 
住友金属工業(株) 大村 朋彦
(2)カーボンアロイ―白金代替の低価格触媒
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構 宮田 清藏、東京工業大学 柿本 雅明
(3)機能性ナノ膜
首都大学東京 川上 浩良
(4)金属ガラス 
(財)次世代金属・複合材料研究開発協会 松井 健治
(5)グリーンサスティナブル触媒
同志社大学 高津 淑人、日高 重助
(6)高温超伝導材料 
東京大学 下山 淳一
(7)高分子ナノワイヤー
(独)物質・材料研究機構 後藤 真宏、笠原 章、土佐 正弘
(8)5nmダイヤモンド分散粒子
(株)ナノ炭素研究所 大澤 映二

連載・レポート・主要記事

[新連載]羅針盤 第1回
工業立国の源流―明治政府の「工業人材」育成―
内田 盛也
[performance]酸素分圧を制御した予備酸化で耐熱合金を長寿命化
(財)ファインセラミックスセンター 北岡 諭
[REPORT]FPD International 2009レポート(上)―3D画像、電子ペーパー、タッチパネルやFPD関連が話題に―
田ポリマーリサーチ研究所 安田 武夫

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®。
Adobe Readerがない方はこちらからダウンロードしてください。

Get ADOBE READER

1年定期購読をする 現在在庫がありません