買い物かごへ

機械設計 ここまでわかれば「一人前」

定価(税込)  2,160円

編著
サイズ A5判
ページ数 170頁
ISBNコード 978-4-526-07773-9
コード C3053
発行月 2018年01月
ジャンル 機械

内容

機械設計は専門化が進んで業務が細分化されており、設計者が製品全体の仕様を理解したうえで担当業務にあたることが重要となっている。実例をもとに、初級者が「一人前」となるために知っておくべき種々の技術、技能、知識の要点を、自分がどのレベルに達しているか、足りないのはどこかを評価する指標となるチェックシートに基づいて解説する。

鈴木良之  著者プロフィール

(すずき まさる)
独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構
高度訓練センター 素材・生産システム系 指導員

執筆者
<プロローグ>
鈴木 良之(すずき まさる)

Ⅰ.機械設計の手順
森下 信一郎(もりした しんいちろう)、鈴木 良之
高度訓練センター 素材・生産システム系 指導員

Ⅱ.企画
城本 秀人(しろもと ひでひと)、鈴木 良之
高度訓練センター 素材・生産システム系 指導員

Ⅲ.構想設計
城本 秀人、鈴木 良之

Ⅳ.構想設計-基本設計
城本 秀人、鈴木 良之

Ⅴ.構想設計~詳細設計
城本 秀人、鈴木 良之

Ⅵ.試作と評価・検証
城本 秀人、鈴木 良之

目次

はじめに 
《プロローグ》「一人前」への道しるべ

Ⅰ 機械設計の手順
■チェックシート
製品設計の目的と必要な知識
要求仕様
デザインレビュー
要求仕様と開発目的
機械仕様
構想設計
計画図
3次元CADを利用した検証 
詳細設計と部品図への展開
試作と評価・検証

Ⅱ 企画
■チェックシート
要求仕様 
機械仕様

Ⅲ 構想設計 
■チェックシート
構想設計の進め方
構造・機構の選定プロセス
故障解析

Ⅳ 構想設計-基本設計
■チェックシート
基本設計(設計計算書)
構造設計
動力計算

Ⅴ 構想設計~詳細設計 
■チェックシート 
樹系図
3次元CADを活用した構想図
トップダウンアセンブリの流れ
詳細設計
図面化

Ⅵ 試作と評価・検証
■チェックシート
試 作
組立調整と評価
検 査
設計変更と図面修正

はじめに

 機械設計は、「お客様(顧客)の要求している機能・性能、コスト、納期を満たし、その品質を耐用年数の間、安心感、満足感をもって使うことができる機械(商品)を開発すること」を目指す作業のことである。

 機械設計とは、非常に責任が重い仕事であると同時に、創造的で魅力のある仕事でもある。最近の製品は、多品種少量、低価格化、小型化、安全性、環境性など、その技術要素やシステムが複雑化している。1つの製品にまとめ上げるには、専門的に高度な固有技術が必要となり、個々の業務が細分化されている。そのため製品の全体像が分からず、一部のユニットや部品のみ設計・製造する場合が多々ある。このような状況にあって、個々の機械設計技術者は、幅広い知識と高い固有技術が必要となり、苦労している。

 本書は、高齢・障害・求職者雇用支援機構での教育訓練に基づき、高度訓練センターの機械設計分野でご指導いただいている各専門分野の先生方や、職業訓練指導員が実践している内容を参考にまとめたものである。

 本書の目的は、機械設計技術者が開発プロセス全体を知ることにより、自身の仕事の前後関係と現在業務の位置づけを理解した上で知識・技術を習得し、一歩一歩自己のレベルアップを図り、「一人前」に近づくために、次に示す内容に限定してまとめている。

 ①機械設計全体の流れを理解する(第Ⅰ章)

 ②知識・技術の不足部分の把握(第Ⅱ章~第Ⅴ章)

 ③今後の習得すべき知識・技術の方向性(知識・技術チェックシート)

読者自身の仕事に当てはめながら読み進めることを期待している。

 出版に当たり、我々、高齢・障害・求職者雇用支援機構の指導員を惜しみなくご指導いただいた全ての先生方、このような機会のご提供と数々のご指導をいただいた日刊工業新聞社出版局の森山郁也氏、国分未生氏に深く御礼申し上げます。
 
2017年11月
鈴木良之

買い物かごへ