買い物かごへ

おもしろサイエンス
薄毛の科学

定価(税込)  1,728円

監修
著者
著者
著者
著者
著者
サイズ A5判
ページ数 160頁
ISBNコード 978-4-526-07528-5
コード C3034
発行月 2016年02月
ジャンル ビジネス 化学

内容

毛髪についての悩みの中で、特に深刻なのが「薄毛」。性別、年齢問わず多くの人が悩んでいる問題だ。遺伝性やストレス、生活環境などさまざまな原因が考えられ、その人にとって適した治療や対策が必要になる。原因や治療法、最新の研究など、薄毛に関する正しい情報をわかりやすく紹介する。

板見 智  著者プロフィール

(いたみ さとし)
1978年 大阪大学医学部医学科卒業
1980年 大分医科大学皮膚科助手
1982年 米国マイアミ大学皮膚科学教室研究員
1985年 大分医科大学皮膚科講師
1993年 大分医科大学皮膚科助教
1995年 大阪大学医学部皮膚科助教授
2006年 大阪大学大学院医学系研究科皮膚・毛髪再生医学寄附講座教授専任

乾 重樹  著者プロフィール

(いぬい しげき)
1991年 大阪大学医学部医学科卒業
大阪大学医学部皮膚科学教室入局
1992年 大阪労災病院皮膚科医員
1996年 米国ウィスコンシン大学総合ガンセンター研究員
1997年 大阪大学大学院医学研究科博士課程修了、学位取得
米国ロチェスター大学ジョージウィップル研究所研究員
1999年 大阪大学医学部皮膚科学教室医員
2000年 大阪大学医学部皮膚科学教室助手
2006年 大阪大学大学院医学系研究科皮膚・毛髪再生医学寄附講座助教授
(附属病院皮膚科兼任)
2007年 大阪大学大学院医学系研究科皮膚・毛髪再生医学寄附講座准教授
(附属病院皮膚科兼任)
2016年 大阪大学大学院医学系研究科皮膚科学講座招へい教授
心斎橋いぬい皮フ科院長

植木理恵  著者プロフィール

(うえき りえ)
1988年 順天堂大学医学部卒業
順天堂大学医学部附属順天堂医院皮膚科入局
1991年 英ロンドン大学王立医科大学院ハマースミス病院皮膚科
1993年 順天堂大学医学部皮膚科助手
1996年 越谷市立越谷市民病院皮膚科医長
2002年 順天堂大学医学部皮膚科講師
2004年 順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター助教授
2007年 順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター先任准教授

伊藤泰介  著者プロフィール

(いとう たいすけ)
1995年 産業医科大学医学部卒業
浜松医科大学皮膚科入局、研修医
1996年 静岡県立総合病院皮膚科研修医
1997年 浜松医科大学皮膚科助手
2002年 独ハンブルグ大学エッペンドルフ病院皮膚科(Prof. RalfPaus)留学
2004年 浜松医科大学皮膚科助手
2006年 浜松医科大学皮膚科講師、病棟医長
2009年 浜松医科大学皮膚科講師、医局長、外来医長
2011年 浜松医科大学皮膚科講師、医局長、病棟医長
2015年 浜松医科大学皮膚科病院准教授、医局長、外来医長

倉田荘太郎  著者プロフィール

(くらた そうたろう)
1983年 愛媛大学医学部卒業
大阪大学医学部付属病院皮膚科形成外科
1984年 兵庫県立こども病院形成外科
1986年 大分医科大学皮膚科形成外科
1992年 米国ウィスコンシン大学霊長類研究所招聘研究員
1996年 大分医科大学医学部講師(形成外科診療班主任)
1999年 形成外科皮膚科美容外科別府ガーデンヒルクリニックくらた医院理事長

大山 学  著者プロフィール

(おおやま まなぶ)
1993年 慶應義塾大学医学部卒業
慶應義塾大学医学部解剖学教室助手
1994年 慶應義塾大学医学部皮膚科教室研修医
1996年 国立霞ヶ浦病院皮膚科レジデント
1998年 慶應義塾大学医学部皮膚科学助手
2002年 米国NIH、National Cancer Institute皮膚科訪問研究員
2005年 慶應義塾大学医学部皮膚科学教室助手
2006年 慶應義塾大学医学部皮膚科学教室専任講師
2014年 慶應義塾大学医学部皮膚科学教室准教授
2015年 杏林大学医学部皮膚科学教室教授

目次

第1章 毛は生え替わる―その仕組みとは?
1 どうやって毛の組織はできるの?
2 毛は成長と退縮を繰り返す
3 人種によって異なる毛包の構造
4 毛髪の太さや密度は年齢、性別などが影響する      
5 新生しないはずの毛包が再生する

第2章 男性の薄毛
6 男性型脱毛症には遺伝とホルモンが関係する
7 男性型脱毛症って増えているの?
8 短い抜け毛が多くなる理由
9 男性ホルモンの働き方が大きな要因
10 適した治療でなければ効果はない?
11 頭皮の脂による影響はな!?

第3章 女性の薄毛
12 女性の薄毛の原因はいろいろ
13 時間をかけて脱毛するのは休止期脱毛症
14 メインの外用療法とサポート役の内服療法
15 治療は薬だけじゃない。心と体の健康も大切

第4章 円形脱毛症
16 7種類の円形脱毛症とは
17 原因はストレスだけではない
18 毛の組織でなにが起きているの?
19 見た目だけではわからない時はどうするの?
20 円形脱毛症にはどんな治療があるの?
21 発症をほとんど抑える薬が開発された!?
22 日常生活で気をつけることは?

第5章 毛を増やす―手術療法
23 先人が頭を悩まし生まれた植毛術
24 明治時代の技術が洗練されて甦る
25 自毛植毛は田植えに似ている まずは田んぼと苗を育てよう
26 自毛植毛は田植えに似ている 苗を育てたら、次は田植え作業  
27 自毛植毛を終えてからも油断大敵

第6章 毛を増やす―再生医療
28 薄毛の再生医療は実現できるの?
29 毛を新しく作り出して増やせる? 
30 マウス細胞が持つ驚くべき毛包再生能力
31 ヒトの幹細胞を使って毛包再生は可能?          
32 普通のケラチノサイト・毛乳頭細胞でヒト毛包再生はできるの?
33 毛包とiPS細胞の良い関係
34 ヒト毛包再生における技術的ハードル
35 最も〝実現.に近い毛包再生医療

買い物かごへ