買い物かごへ

トヨタに学びたければトヨタを忘れろ
モノの流れと位置の徹底管理法
第2版

定価(税込)  2,376円

著者
著者
サイズ A5判
ページ数 160頁
ISBNコード 978-4-526-07334-2
コード C3034
発行月 2014年12月
ジャンル 生産管理

内容

モノの流れと位置の管理法(FL法)は、トヨタ生産方式のエッセンスを凝縮した中小メーカー向けの手法。初版刊行から10余年、筆者はさらに深耕させるとともにこれまで得たノウハウなどを、この第2版に盛り込んだ。

近江堅一  著者プロフィール

(おうみ けんいち)

1962年 日本大学理工学部電気科卒業。

大手電気メーカ一入社。32年間工場管理に従事。この問、トヨタ生産方式の真の実践者より7年間(月1回)現場指導を受ける。およびデミング賞審査員より15年間方針管理(TQM)の指導を受ける。これをベースに工場改善を重ねFL法(中小メーカ一向けトヨタ生産方式)を確立し、協力会社(15社)に適用し、FL法の経済効果を確認し、独立を決意した。
生産効率化推進部長、工場長、品質管理部長歴任。

1994年 近江技術士事務所設立。

生産コンサルタントとして工場改善指導に従事。

・中小メーカ一生産性指導 250社

・方針管理(TQM)指導 40社

・ISO9001認証取得指導 35社

・ISO9001審査 398回(617日)

・QC サークル指導 50社


資 格 ・技術士(経営工学)

近江良和  著者プロフィール

(おうみ よしかず)

1997年 日本大学理工学部数学科卒業。

大手コンピュータシステム開発会社、翻訳サービス会社で、12年間英語ソフトウェアの日本版製作に従事する。

2009年 近江技術士事務所入所。

生産性向上(FL法)指導、公的機関における経営支援やセミナー講演に従事する。


資 格 ・中小企業診断士



近江技術士事務所

ホームページ http://www.omi-con.com

Eメール info@omi-con.com

目次


はじめに

第1章 今、なぜFL法か

1.1 誤解だらけのモノづくり

1.2 FL法 7つのポイント

1.3 FL法の驚くべき経済効果


第2章 FL法はほかの工場改善手法とどこが違うか
2.1 中小メーカー向けに適用した
唯一のトヨタ生産方式である

2.2 FL法はトヨタ生産方式と方針管理を
組合せ・統合した新ユニーク工場改革法

2.3 今までのモノづくりに
共通した弱点

第3章 トヨタ生産方式の基本用語とFL法推進の用語

3.1 トヨタ生産方式 2つの狙い

3.2 FL法 導入準備
3.3 FL法推進の基本用語

第4章 生産リードタイムの短縮

4.1 ライン化検討

4.2 少品種多量生産型
4.3 多品種少量生産型
4.4 加工組立型

第5章 生産性向上

5.1 付加価値密度を上げる

5.2 機械加工型

第6章 管理者の意識改革プロセス

6.1 管理者の意識改革
6.2 管理者の意識改革プロセス

第7章 FL法推進のための改善ポイント

7.1 品質力の改善ポイント

7.2 人や組織と品質力

第8章 FL法推進のための管理力のポイント

8.1 真の管理者たれ

8.2 管理者が身につけておくべき能力

第9章 FL法をさらに進化させるポイント

9.1 FL法の目で工程を見よ

9.2 人を鍛えよ

9.3 FL法を体得せよ

はじめに

 すでに約1500の中小メーカーが、筆者のセミナー、社内研修、工場診断、および工場指導を通して、FL法の手法を用いて、お金をかけないで大きな利益を確保してきた。FL法の工場指導を10カ月以上受けた中小メーカーは250を超える。

 中小メーカーを取り巻く環境は、今なお厳しい。値引きや短納期などの要求も多い中、工場改革なしには存立できなくなっている。長年にわたり確実に成果を上げてきたFL法は、今、正に中小メーカーの救世法になっている。
 
第1章、第2章では、FL法が工場改革に成功している理由を述べる。第3章では、FL法推進のために知っておくべき用語を解説。第4章、第5章では、FL法の目標である生産リードタイム短縮と生産性向上について詳細を述べる。第6章では、工場改革の要ともいえる管理者の意識改革について述べる。第7~9章では、FL法を推進するために重要なポイントを実例と共に解説する。

 2003年に『トヨタに学びたければ トヨタを忘れろ モノの流れと位置の徹底管理法』を中小メーカーのために上梓した。その後「トヨタに学びたければ トヨタを忘れろ」はシリーズとして8冊を刊行することになった。

 シリーズ第1弾を上梓してから11年経過した。この間も工場指導を重ね、FL法はさらに進化・成長した。そして、中小メーカーの経営者や管理者の心をとらえている。そうような背景から、FL法の総集版ともいえる本書を刊行することになった。

 ぜひ、本書を手にとって工場改革を推進していただきたい。この1冊で工場改革ができるのだ。



2014年12月 

近江 堅一 

買い物かごへ