買い物かごへ

図面って、どない描くねん!バイリンガル
グローバルエンジニアへのファーストステップ

定価(税込)  2,592円

著者
サイズ A5判
ページ数 280頁
ISBNコード 978-4-526-07292-5
コード C3053
発行月 2014年09月
ジャンル 機械

内容

海外ではもちろん、国内にいながらでも、海外の企業とのやり取りをする機会が増え、打ち合わせの中で図面を見ながら説明しなければいけない場面が増えてきた。本書は、大ヒットロングセラー本「図面って、どない描くねん!」のわかりやすさ、楽しさをそのままに、頁の右左の対応で、和文解説と英文解説がセットになっている本。日本のJIS製図に完全対応した究極の製図バイリンガル本。

山田 学  著者プロフィール

(やまだ まなぶ)
 S38年生まれ、兵庫県出身。 ラブノーツ 代表取締役。
 カヤバ工業 (現、KYB )自動車技術研究所にて電動パワーステアリングとその応用製品(電動後輪操舵E-HICAS など)の研究開発に従事。
 グローリー工業 (現、グローリー )設計部にて銀行向け紙幣処理機の設計や、設計の立場で海外展開製品における品質保証活動に従事。
 平成18年4月 技術者教育を専門とする六自由度技術士事務所として独立。
 平成19年1月 技術者教育を支援するため ラブノーツを設立。(http://www.labnotes.jp)
 著書として、『図面って、どない描くねん!』、『設計の英語って、どない使うねん!』、『めっちゃ使える! 機械便利帳』、『図面って、どない描くねん!LEVEL2』、『図解力・製図力 おちゃのこさいさい』、『めっちゃ、メカメカ! リンク機構99→∞』、『メカ基礎バイブル〈読んで調べる!〉設計製図リストブック』、『図面って、どない描くねん! Plus+』、『図面って、どない読むねん! LEVEL00』、『めっちゃ、メカメカ!2 ばねの設計と計算の作法』、『最大実体公差』、『設計センスを磨く空間認識力“モチアゲ”』共著として『CADって、どない使うねん!』(山田学・一色桂 著)、『設計検討って、どないすんねん!』(山田学 編著)『技術士第一次試験「機械部門」専門科目 過去問題 解答と解説(第3版)』、『技術論文作成のための機械分野キーワード100解説集』(Net-P.E.Jp編著)などがある。

目次

誇り高き日本人エンジニアに!

第1章 図面の基本って、なんやねん!
1-1 製図の目的
1-2 用紙のサイズと様式
1-3 表題欄に記入する記号
1-4 線、文字および文章、尺度

第2章 投影法って、なんやねん!
2-1 対象物の投影
2-2 第三角法
2-3 正面図の表し方と向き
2-4 わかりやすい投影図の表し方

第3章 投影図のテクニックって、なんやねん!
3-1 対象物の一部のみを表す投影図
3-2 断面図
3-3 図形の省略
3-4 特殊な図示

第4章 寸法記入のルールって、なんやねん!
4-1 寸法記入の基本
4-2 寸法補助記号


For a proud Japanese engineer!

Chapter1 What are the fundamentals of drawings!
1-1 Purpose of the technical drawings
1-2 Size and format of the sheet
1-3 Signs to fill in the title block
1-4 Lines, Characters and texts, Scale

Chapter2 What is the projection method!
2-1 Projection of the object
2-2 Third angle projection
2-3 Expression and direction of front view
2-4 Expression of the simply views

Chapter3 What is the technique of the projection views!
3-1 Views expressing only a part of the object
3-2 Sectional view
3-3 Omission of view
3-4 Special expression of view

Chapter4 What is the rule of dimensioning!
4-1 Fundamentals of dimensioning
4-2 General symbols for dimensioning


第5章 設計意図って、どない伝えんねん!
5-1 設計意図を伝える表現
5-2 寸法記入のコツ
5-3 寸法公差
5-4 はめあい公差の指示とその意味
5-5 公差解析
5-6 面の肌記号の指示

第6章 特殊な記号って、どない使うねん!
6-1 ねじの指示
6-2 溶接記号の理解
6-3 幾何公差記号の理解

第7章 図面って、どない描くねん!
7-1 寸法指示の論理的思考(治具の例)
7-2 寸法指示の論理的思考(ドリルプレスバイスの例)

参考文献


Chapter5 In what way should I communicate my design intentions!
5-1 Expression to communicate design intentions
5-2 Point of dimensioning
5-3 Dimension tolerances
5-4 Indication and meaning of fit tolerance
5-5 Tolerance analysis
5-6 Indication of surface texture symbols

Chapter6 In what way should I use special symbols!
6-1 Indication of screw thread
6-2 Understanding weld symbols
6-3 Understanding geometrical tolerance symbols

Chapter7 In what way should I make drawings!
7-1 Logical mind of the dimensions indication (Example of Jig)
7-2 Logical mind of the dimensions indication (Example of Drilling-press vice)

Reference literature


はじめに

誇り高き日本人エンジニアに!

 「モノづくり」に国境がなくなると、日本人エンジニアが海外で活動しなければいけなくなります。そのため、文化や言語の違うエンジニアと意思の疎通を図ることが重要になります。
 海外のエンジニアとアイデアを共有するときに、いかにコミュニケーション能力が重要であるかを思い知ることになるでしょう。幸いにも、エンジニアは図面やポンチ絵という意思を伝えるための手段を持っています。
 本書は、JIS(日本工業規格)の定める製図のルールについて、日本語と英語で解説しており、機械設計業務の中でこの知識を使用してもらうことを期待しています。(^O^)/


For a proud Japanese engineer!

Since "Manufacturing" has no border, Japanese engineers have to work overseas. Therefore, it becomes important to communicate with the engineer whose culture and languages are different.
Sharing ideas with overseas engineers will teach you how important communication competence is. Fortunately, engineers have drawings and caricatures (PONCHI-E in Japanese) to communicate design intention.
This textbook explains in Japanese and English about the rule of technical drawing by JIS (Japanese Industrial Standards).
So, I hope to use this knowledge in your mechanical design. ;-)


 機械製図のルールとして、暗黙の了解による解釈があります。
 代表的な例を下記に示します。
As a rule of engineering drawings, there are interpretations of implied annotation.
Typical example is shown as follows:

 誤解の恐れがない限り、以下の状況において寸法が指示されなくても暗に寸法を示します。
A dimension may be implied and not indicated on a drawing in the following situations, so long as there is no risk of misunderstanding.

・2つの形体が同一平面上に整列している場合、距離寸法の0、あるいは角度寸法の0°は示しません。
- Where two features are aligned in the same plane, there is no requirement to indicate a linear dimension of 0 or an angular dimension of 0°.

・2つの形体が互いに平行である場合、0°または180°の角度寸法は示しません。
- Where two features are parallel to each other, there is no requirement to indicate an angular dimension of 0° or 180°.

・2つの形体が互いに垂直である場合、90°の角度寸法は示しません。
- Where two features are perpendicular to each other, there is no requirement to indicate an angular dimension of 90°.


 製図のルールを知るだけでは図面を描くことはできません。
 図面の目的は「意思の疎通」です。機能や加工のことを考え、論理的に寸法を指示するテクニックを習得しましょう!

 問題点のフィードバックなど、ホームページを通して紹介しています。

「Labnotes by六自由度」
書籍サポートページ
http://www.labnotes.jp/

 本書の執筆にあたり、お世話いただいた日刊工業新聞社出版局の方々にお礼を申し上げます。

2014年9月
山田 学


You cannot make drawings only by knowing the rule of engineering drawings.
Drawing purpose is "communication of intention". Let's learn technique to indicate dimensions logically, considering the function and processing!

We introduce feedback of problems in our website.

“Labnotes by ROKUJIYUUDO(Six Degree of Freedom in English)”
Books support page
http://www.labnotes.jp/

I would like to give special thanks to the publishers of NIKKAN KOGYO SHIMBUN.

Sep.2014
m.Yamada

買い物かごへ