買い物かごへ

無理しないから無駄もない
「草食系」社員のためのお手軽キャリアマネジメント

定価(税込)  1,512円

著者
サイズ A5判
ページ数 200頁
ISBNコード 978-4-526-07211-6
コード C3034
発行月 2014年02月
ジャンル ビジネス

内容

「草食系でも、10年間で年収2倍に!」できない?いやできないことはない「キャリアデザイン」「キャリアアップ」は、常にやる気満々で「バリバリ」働いている「肉食系」社員ではなく「草食系」社員でも十分可能。本書で紹介するのは、いまのあなたを肯定して活かす「自分資産運用型」のキャリアマネジメント。大きな背伸びはせず「無理せず」、でも過去を決して無にしない「無駄なく」のアプローチでキャリアと年収をアップする。「草食系」のあなただからこそできる、お手軽なキャリアマネジメントのノウハウ。

☆日刊工業新聞社主催セミナーのお知らせ☆
『ストレス対処&オフィスコミュニケーション改善入門講座』
<2015年12月より、従業員へのストレスチェック実施が義務付け>
【日時】2015年6月5日(金)13:30~17:00
【講師】あまねキャリア工房 代表 沢渡 あまね氏
    さかうえ行政書士事務所 代表 坂上 隆之氏
【受講料】24,840円(資料代、著者書籍2冊贈呈、消費税込)
セミナーのご案内はこちら

沢渡あまね  著者プロフィール

(さわたり あまね)


1975年生まれ。自動車会社と情報システム企業を経て、現在は製造業に勤務。

購買部門、海外マーケティング部門、情報システム部門、広報部門を経験。2012年よりビジネスパーソンのキャリア育成や基礎能力向上のための各種講演会や研修を開催し講師をつとめる。


「草食系」キャリアマネジメントがポリシー。

日本で生まれ育ったごくごくフツウのビジネスパーソンが、これからの時代を「無理せず」「無駄なく」生き抜くために必要な「5つの力」を身につけるためのコンテンツを日々提供している。「草食系」のグローバル化を後押しする活動、「身の丈グローバル」の副代表。著書に「英語で働け! サラリーマン読本」がある。ブログ「20代後半から考えるキャリアマネジメント」、無料メールマガジン「あまねnote」執筆者。


▪ ブログ「20代後半から考えるキャリアマネジメント」
http://a-sawatari.blog.ocn.ne.jp/blog/


▪「身の丈グローバル」
www.minotake-global.jp

目次

序章〈プロローグ〉
「無理なく」「無駄なく」自分資産運用型で
キャリアマネジメント

0–1 自分資産運用型とは  2
0–2 「自分資産」で勝負しよう!  

0–3 自分資産の組み合わせ  

0–4 「引き出し」「部品」の組み合わせ+αで自分自身をマネジメント  

0–5 「キャリアデザイン」と「キャリアマネジメント」  

0–6 年齢とライフサイクル  


第1章 働き方をシフトせよ!
~自分のスキルを貯金フェーズから資産運用フェーズへ移行する~

1–1 ひたすら「貯金」する働き方から「資産」を「運用」する働き方にシフトしよう  

1–2 自分資産運用型のキャリアマネジメントモデル  


第2章 自分の「資産」を整理せよ!
~自分を「引き出し」「部品化」する~

2–1 自分の「資産」を棚卸しする  


第3章 自分の「資産」を運用せよ!
~「引き出し」「部品」の組み合わせで勝負する~

3–1 「自分資産」の棚卸しの次は運用フェーズ  

3–2 「投資」の準備をする  

3–3 「投資」をする  
3–4 「回収」をする  

3–5 チーム全体のパフォーマンスを向上させる/価値を高める  


第4章 「自分メニュー」を整理せよ!
~転職・異動のチャンスを逃さないために~

4–1 「自分メニュー」を作ろう 

4–2 転職・異動時の「自分メニュー」の使い方  



第5章 「草食系」社員にとって、
理想的なライフスタイル像を手に入れよ!

5–1 資産運用的な働き方をしよう  

5–2 草食系だからこそ「惰性モード」と「加速モード」を使い分けよう  


第6章 「草食系キャリアマネジメント」のまとめ~「草食系」の19の心得~
おわりに  


付 録  

はじめに

はじめに ~「草食系」の時代がやってきた!



「キャリアアップ」
みなさんはこの言葉に対してどんなイメージをお持ちですか?


わたしが以前勤めていた会社で、20代の若手数名に聞いたところ、こんな答えが返ってきました。

「海外留学や海外勤務の経験のある人が、MBAなどの輝かしい資格を片手に、外資系企業を渡り歩いてステータスや年収を上げていく感じ。」


…なるほど、キャリアアップって、いわゆるエリートがエネルギッシュに「バリバリ」「ガツガツ」と突進していくイメージのようです。

たしかに、転職が一般的ではなかったひと昔前までは、「キャリアアップ」は一部の「肉食系」なインテリジェント&上昇志向を持った人たちだけのものでした。


しかし、最近は状況が違います。

■ 終身雇用の崩壊

■ 年功序列→成果主義へのシフト

■ 事業のグローバル化に伴う業務の海外移転の進行

■ 国内マーケットの縮小に伴うリストラ

いまや、「バリバリ」「ガツガツ」ではない、ごく一般的な日本企業のビジネスパーソンも、キャリアと真剣に向き合わざるを得ない時代です。

また、大企業であれば、子会社M&A先への転籍など「自ら転職した覚えはないのに、気がついたら会社が変わってしまった」人も珍しくありません。

自分が好む好まざるに拘らず、キャリアをブラッシュアップし、新しい環境にチャレンジしなくてはならないシーンが確実に増えてきているのです。

「大企業に勤めているから安泰だ。」

「年収はそこそこでいいから、このままでいいや。」

そのように涼しい顔をしてはいられません。


ちなみに、みなさんは転職する人の数ってどれくらいだと思いますか?

総務省が公表している労働力調査によると、2012年の全国の転職者数はおよそ285万人。この数字はあくまで過去1年以内に転職をした人の数であり、1年を超えて転職活動中の人や転職希望者を含めると約600~700万人はいると推定されています。

労働人口のおよそ10人に1人が転職者、あるいは転職を考えている!

これが実態です。

また、転職に限らず同じ会社内での「異動」もキャリアアップの手段のひとつです。異動者/異動希望者を含めると、さらに多くの人が自身のキャリアと向きあっているといえるでしょう。

もはやキャリアアップは一部の「肉食系」の人たちだけが考えればよいものではないのです。


輝かしいバックグラウンドや資格を武器に、外資系企業を飛び回ってバリバリとステータスや年収を上げていく人たちを「肉食系」と称するならば、そうでないわたしたちは「草食系」に譬えることができるでしょう。


■ 日本の企業で、

■ 特別な武器や経験(語学力資格、技術など)もなく、

■ 日々、与えられた仕事をただこなしてきた


そんな「草食系」もキャリアアップを考えなければならない時代なのです。

「そうは言っても『肉食系』にはかないっこないよ…。」

「結局は、一部の『肉食系』だけが勝つ世の中なのさ…。」

…そうあきらめてしまっているそこのあなた!

だいじょうぶ。「草食系」でもキャリアアップは十分可能です。 

わたし自身、どちらかと言えば、「草食系」タイプの人間です。そして、この本でお話しするアプローチで転職・異動をし、キャリアも年収もアップさせてきました。日本企業にしか勤めたことがなく、特殊な技術もなく、たいした資格もないわたしですが、グローバル企業で時に「肉食系」と肩を並べて仕事をしています。

「草食系」のわたしたちが、これからの時代を「無理なく」「無駄なく」生きていけるようにするためのアプローチ。それが、本書でわたしが提案する「草食系」のキャリアマネジメントです。


「んん?草食系のキャリアマネジメント? 『無理なく?』『無駄なく?』…なんじゃそりゃ?」

もう少しだけ具体的なお話をしましょうか。


本書でお話しするのは、いまの自分を肯定して活かす「自分資産運用型」のキャリアマネジメント方法です。

…ね! なんか草食系のわたしたちにもできそうな気がしませんか?



「自分資産運用型」のキャリアマネジメント

自分の資産(=経験やスキル)を「引き出し」「部品」に分解し、それを組み合わせることでいかにしてラクに日々の仕事に対して成果を出すか?

さらには転職/異動などのキャリアアップにつなげるか? …を考え実践する。 



「草食系」ってどうもネガティブイメージでとらえられがちですよね(「草食系男子」とか…)。でも、わたしはそうは思いません。「草食系」は実は時に肉食をしのぐ強い生き物なのです。


草食動物をひとつ思い浮かべてみましょうか。

たとえば、丘の牧場に住むヤギ。

ヤギは、のんびりと目先の草を食んでいるように見えます。

ところが、目の前の草がなくなると、丘の上へ上へと新たな草を求めて進んでいきますよね。

そして時折、岩に登って力強く高い空を仰いでいるではありませんか。

「草食系」は、決して弱い生き物ではありません。いま目の前にある草をないがしろにせず、その次へと着実に歩みを進めているのです。


「留学経験もないし帰国子女でもない…」

「たいした資格もない…」

「自慢できる得意分野もスキルもない…」

「自分に自信がない…」

「プライベートも大切にしたい…」

…大丈夫です! 

そんなわたしたちも立派なキャリアを形成することができます!

キャリア形成・キャリアアップは、「肉食系」の人たちだけのものではありません。

「草食系」だからこそできるキャリアアップがあります。グローバルな仕事を手にすることもできますし、年収を上げることだってできるのです。

「草食系」キャリア。一緒に歩みませんか?


この本は、「草食系」のあなたを「売れる」あなたに変える一冊です。

さあ、一緒に草食系のキャリアマネジメントを始めましょう! …自分資産という、あなたの中にある武器を手にして。

買い物かごへ