買い物かごへ

東大で生まれた
人気企業の内定を獲得する究極のエントリーシート事例集

定価(税込)  1,760円

著者
サイズ A5判
ページ数 240頁
ISBNコード 978-4-526-07131-7
コード C3034
発行月 2013年09月
ジャンル ビジネス

内容

企業から内定を勝ち取るためには、志望する企業が学生に求める能力を意識した上で、自らがどのようにその企業に貢献できるかを示すことが必要である。本書では人気企業の実際の設問とその回答例を通じて、文章に隠された企業のその設問の意図をどう読み解き、回答するか、その考え方を解説する。

今井正彦  著者プロフィール

(いまい まさひこ)
山城経営研究所 顧問
HRCコンサルティング 代表
丸和運輸機関 社長顧問
ミライト情報システム ビジネスコンサルティング部 部長
神奈川大学 今井塾 講師
東京大学大学院 コンピテンシーセミナー講師

関西外国語大学外国語学部卒。日本アイ・ビー・エム株式会社、IBMビジネスコンサルティングサービス株式会社を経て現在に至る。
大手通信事業者マーケティング戦略策定、大手メーカー世界戦略策定、総合大学経営改革、中央省庁業務改革、徳島県CIO補佐官、鳥取県最適化委員、IBMビジネスコンサルティングサービスほか複数社の役員・顧問、マーケティングおよびBPR講師、学生情報センター本命企業内定プロジェクト講師などを経験。

研究・専門:マネージメント、マーケティング、営業戦略、組織行動論、人材育成、エンタープライズ・アーキテクチャー

目次

はじめに

第1章 企業が採用したい人材とは
1.コンピデンシーモデルとは
2.エントリーシートの意図を読み取る

第2章 職種ごとに求められる能力の傾向
24職種と業務説明と必要コンピテンシー

第3章 人気企業54社の実際の設問と模範解答例
企業と職種一覧
商社
伊藤忠商事
三井物産
三菱商事

銀行
みずほ銀行(みずほフィナンシャルグループ)
三井住友銀行
ゴールドマンサックス

損害保険
三井住友海上火災保険
損保ジャパン
東京海上日動火災保険

生命保険
第一生命保険
住友生命保険
日本生命保険

消費財
ライオン
P&G ジャパン
資生堂
ジョンソン・エンド・ジョンソン

コンサルティング
ボストン・コンサルティング・グループ
マッキンゼー・カンパニー
アクセンチュア

ソフトウエア
NECソフト
日本オラクル

情報機器
富士通
日本電気
日本IBM

通信
NTTコミュニケーションズ
ソフトバンク
KDDI

食品
ハウス食品
キッコーマン
味の素

飲料
森永乳業
アサヒビール
キリンビール

エネルギー
国際石油開発帝石
JX日鉱日石エネルギー

マスコミ
日本経済新聞社
講談社
ベネッセコーポレーション

鉄道
JR東海(東海旅客鉄道)
東京地下鉄(東京メトロ)

小売
高島屋
三越伊勢丹

レジャー
H.I.S.
東 宝

建設
清水建設
大成建設

素材
三井化学
帝 人

自動車
トヨタ自動車
日産自動車

家電
ソニー
三菱電機

重工業
川崎重工業
日本GE

おわりに




はじめに

医者を目指す学生は、高校時代から医学部への進学を目指し、大学で真剣に医学を学び医者になります。料理人になりたい学生は、料理の専門学校に進学し、真剣に料理を学び料理人になります。
 一方、将来の職業を意識せずに大学に進学した学生はどうでしょう? 就職活動の時期になって初めて自分の仕事について考え始めるように見えます。
 しかし、本書で示す模範解答例の多くは、大学時代から将来の自分の仕事について考えながら、その仕事で必要となる能力の育成に取組んだことが示されています。そのようなエントリーシートを書くために、私が学生の方々に目指してほしいことは、大学入学時から将来の職業について考え、自分が志望する職業に必要な能力を大学生活の中で養っていただくことです。
 学生の目から見れば、自分が学んでいる学問が仕事に直結しないように見えるかもしれません。しかしながら、学問に真剣に取組むことで「主体性」「論理的思考能力」「向学心」「粘り強さ」「情報収集能力」「好奇心」「洞察力」「創造力」「チャレンジ精神」「客観性」「発想力」「文章力」「説明力」「応用力」「計画性」「ストレス耐性」など、仕事に活かすことができるコンピテンシーを育てることができるようになります。また、学問以外でも、物事に真剣に取組むことで、ほかのコンピテンシーを育てることもできます。
 これからの長い人生で、多くを学び、自分の能力を高めていくうえで、最も良くないことは「目標を持たない」こと「適当に物事に取組む」ことです。やるべきことを後回しにせず、すぐに着手し、何事にも真剣に取組むことで多くのコンピテンシーを獲得でき、自分の将来を確かなものにし、できることなら、多くの人々を支えるような人財として活躍いただきたいと希望しています。

 本書を就職活動に利用される場合には注意が必要です。ここに書かれている内容をそのまま書いて提出しても内定は獲得できません。内定を獲得するためには、自分が将来就きたい職種を絞り込み、その職種の活動や、活動を行う際に必要となるコンピテンシーを理解する必要があります。さらに職種で求められるコンピテンシーを自分が持っていることを証明し、ビジネスへの貢献を自分の言葉で約束する必要があります。このような活動を通じてエントリーシートを作成すれば、後に続く面接でも、自分の言葉でビジネスへの貢献を約束できるようになり、確実に内定を獲得できるようになります。そうすることで、業務を詳しく知ることができ、「覚悟を持って仕事に取組める」ようになることで入社後に離職することがなくなります。また、「働くとは、企業のビジネスに貢献する活動である」ことを理解することで仕事に対し責任を持って取組めるようになります。

 本書は、学生の方々が志望企業の事業や志望職種の業務を理解したうえで、ビジネスに貢献する際に必要となるコンピテンシーをどのように活かすかについて十分に検討したうえで、エントリーシートを書く際の参考にしていただくことを目的に執筆しました。このような検討が不十分な方々には、日刊工業新聞社から出されている『東大で生まれた究極のエントリーシート』または、『東大で生まれた「○×」と「なぜ?」で進める究極の就活』を読み理解いただいたうえで本書をご利用いただくことを推奨します。また、紹介したこれら2つの書籍を読んだ方にとって職種ごとに必要となるコンピテンシーの証明や、効果的な自己PRの作成を支援できる「就活エンパワーズ」と名付けたクラウドサービスを株式会社ミライト情報システムより2013年の10月から提供する予定です。

 本書を活用し、職業というものを改めて見つめ直して、就職活動に挑み、志望企業に入社できることを願ってやみません。

 2013年9月
今井 正彦 

買い物かごへ