買い物かごへ

英語で働け!サラリーマン読本
英文契約・交渉・プレゼン、ナンでもコイ!

定価(税込)  1,512円

著者
著者
サイズ A5判
ページ数 216頁
ISBNコード 978-4-526-07109-6
コード C3034
発行月 2013年07月
ジャンル ビジネス

内容

外資系でも帰国子女でもないのに、突如仕事が英語だらけになってしまったあなたに贈る、英語での交渉と英文契約をサラリーマン2名がノン・アカデミックに語る一冊。著者はいずれも国内企業に勤務するサラリーマン(ビジネスパーソン)。ゼロからのスタートだった2人が実体験に基づいた英語でのプレゼン・交渉・英文契約のコツをわかりやすく教えます!



◎2014年8月31日(日)13:00 ~ 17:30、著者陣によるセミナー
「英語ではたらカフェ!~「身の丈」にあったグローバル対応をはじめよう!「純国産」ビジネスパーソンからのメッセージ~」が開催されます。

受講料は6,000円。詳細、お申し込みはこちらから。

鮫島活雄  著者プロフィール

(さめじま かつお)
1975年生まれ。大手重工業メーカー勤務を経て、大手エンジニアリング会社でプラント設備の国際調達を担当。
東京下町生まれ、神奈川育ちの“純国産”だが、仕事で身につけた英語力を買われ、ニューヨーク駐在やロンドン勤務も経験した「体験的国際派サラリーマン」。
調達・購買に関わるビジネスパーソンが集う購買ネットワーク会幹事であり、全国のビジネスパーソンに英語や国際交渉などをテーマとした講義も行う。TOEIC 990点。
▪ 購買ネットワーク会
http://www.co-buy.org

沢渡あまね  著者プロフィール

(さわたり あまね)
1975年生まれ。自動車会社勤務を経て、現在は情報システム企業に勤務。
購買部門、海外マーケティング部門、情報システム部門、広報部門など多岐にわたるフィールドで数々のグローバルビジネスに従事する傍ら、2012年よりビジネスパーソンのキャリア育成や基礎能力向上のための各種講演会や研修を開催し講師をつとめる。
「草食系」キャリアマネジメントがポリシー。
日本で生まれ育ったごくごくフツウのビジネスパーソンが、これからの時代を「無理せず」「無駄なく」生き抜くために必要な「5つの力」を身につけるためのコンテンツを日々提供している。ブログ「20代後半から考えるキャリアマネジメント」、無料メールマガジン「あまねnote」執筆者。TOEIC 900点。
▪ ブログ「20代後半から考えるキャリアマネジメント」
http://a-sawatari.blog.ocn.ne.jp/blog/

目次

はじめに  

序章 海外ビジネスに飛び込もう
   ―大事なのはストーリーを伝える心とビジネスの流れをつかむこと  
グローバルコミュニケーションで大切なのは、「ストーリーテラー」であることだ!  
海外との交渉は四つのブレイクでできている!  

第1章 海外でのファーストコンタクト
    ―出会ったときこそコツがある  
1‒1 「アイスブレイク:心の壁を溶かす会話」で相手の心をつかみ取る  
1‒2 海外での自己紹介のコツ:実は役立つ! 日本古来のコミュニケーション流儀  

第2章 「ストーリーテラーであれ!」  
2‒1 国語の授業で習った「あの基本」が世界で役立つ!  
2‒2 これだけおさえて! ~エクスプラネーション構成の三つの法則  
2‒3 エクスプラネーションの三つの法則は幅広く役立つ!  
2‒4 CCFの法則、NLCの法則、AREAの法則の練習  

第3章 キーワーディング(造語)とタギングでプレゼンテーションの浸透力をアップさせよ!  
3‒1 伝わるプレゼンを! ~浸透の3要素  
3‒2 「キーワーディング」と「タギング」で勝負!  
3‒3 効果的なキーワーディングを!  

第4章 すぐ使える! グローバルビジネス現場で
役立つ、会議・質問・交渉のポイント  
4‒1 英語の会議・交渉は「算数」だ!  
4‒2 そもそも交渉ってなぜ必要なの?  
4‒3 交渉で役立つ、とっておきの20のワザ  
4‒4 使いこなせるとカッコイイ? ちょっと気の利くお役立ちフレーズ  

第5章 「契約書」と「クレーム対策」
    ―ブレイクダウン&ハートブレイクへの理解と備え  
5‒1 取っつきにくい英文契約書を「ブレイクダウン!」  
5‒2 国際ビジネスにおける「ハートブレイク」〜クレームの極意  

付録
付録1 今日から使える 英語自己紹介フォーマット  
付録2 今日から使える 英語プレゼンテーションサポートシート①  
付録3 今日から使える 英語プレゼンテーションサポートシート②  
付録4 今日から使える 英語議事録フォーマット  
付録5 今日から使える 英語交渉準備シート  

「おわりに」に代えて
〜留学なんてしなくたってできる、TOEIC 990点達成へのコツ  

はじめに

~留学なんてしなくたっていいんです!


 「明日からあなたの上司はフランス人です。」
 あなたはどうしますか? ある日突然こんなことを言われたら。
 そうでなくても、
 「来週この会議に出席してください。ちなみにインドのエンジニアが多数出席するため、資料も会話もすべて英語です。よろしく。」
 「この契約書の内容、確認して。あ、海外の取引先だから英語だよ。なんとかしておいて!」
 こんなことが、国内企業でも日常茶飯事になってきました。
 ひと昔前までは、外資系企業に勤務する人や商社マンなど、限られた人たちだけが使えればよかったビジネス英語。しかし、
 ■ 相次ぐ海外進出
 ■ 外資系企業とのM&A
 ■ 海外への業務のアウトソーシング
 ■ ダイバーシティー(人材の多様化、多国籍化)経営の促進
 …などを背景に、今ではごくごく一般的な日本企業のビジネスパーソンも英語を使わなければならないシーンが増えてきました。
 中には、
 「社内公用語は英語です!」
 「管理職に昇進するには、TOEICスコア 600点以上!」
 「TOEIC 900点を取得すれば、特別ボーナスを支給します!」
 こんな企業も増えてきており、メディアを賑わせています。英語でのビジネスコミュニケーションは、もはや、わたしたちにとって他人事ではないのです。
 「でも、英語なんて遥か昔に学校の授業でかじって以来…。ああ、どうしよう!」
 そんな悩めるビジネスパーソンのために、二人の男が立ち上がりました。
 一人は鮫島 活雄(さめじま かつお)。大手重工業メーカーを経て、現在は大手エンジニアリング会社で国際プラント案件向け機材の海外調達に携わっています。
 もう一人は沢渡 あまね(さわたり あまね)。大手自動車会社を経て、現在は情報システム企業に勤務。主にITアウトソーシングの領域でグローバルに活躍しています。
 二人とも、1975年生まれの活きのいい現役ビジネスパーソンです。おそらくこの本を手に取っているであろう、みなさんと同じ、日本企業に勤務するフツウの「サラリーマン」。
帰国子女でもなければ、留学経験もありません。
 そんな純ジャパニーズな二人ですが、これまで、北米、中南米、ヨーロッパ、中近東、アフリカ、アジア…などなど世界各国の人々とビジネスをしてきました。
 「なぜそれができるのか?」
 答えはすべてこの一冊に凝縮されています。
 「そんなこと言ったって、結局は英語がペラペラでなければどうしようもないでしょ…」
 と顔を曇らせたそこのあなた!
 心配ご無用です。ここではっきりと申し上げます。
 「留学なんてしなくたっていいんです!」
 大概のビジネスコミュニケーションは、中学や高校で習った英文法を知っていれば大丈夫。語学力が高くなくても、一定のコツや法則さえつかめば、英語でのビジネスコミュニケーションは十分可能なのです。
 本書では、著者2名が会議・交渉・プレゼンテーション・契約…などなど、一連のビジネスシーンにおける英語コミュニケーションのコツや法則を、エピソードを交えながらわかりやすく楽しくお伝えします。英語表現集やテンプレートなど、今日からすぐ使えるツールもたくさん載せました。
 是非この一冊をお手元において、今日から一緒に英語で戦いましょう‼

買い物かごへ