買い物かごへ

ビジネスモデル・マッピング教本
―ビジネスモデルを見える化して改良・革新・戦略につなげる―

定価(税込)  2,376円

著者
サイズ A5判
ページ数 248頁
ISBNコード 978-4-526-07078-5
コード C3034
発行月 2013年05月
ジャンル 経営

内容

ビジネスモデルを独自のツールによって見える化し、改良し、革新し、そして戦略へとつなげる方法を解説する本。ビジネスモデル・ツリー(BM-Tree)やビジネスモデル・マップ(BM-Map)などの戦略ツールを使い、ビジネスの成功事例を図面化してその手法を理解し、解析することで、それがあなたのビジネス戦略に生かせるようになる。あなたもビジネスモデル・マッピングを修得して「ビジネスモデル・マッパー」の一員になろう!

☆日刊工業新聞社主催セミナーのお知らせ☆
著者、松原恭司郎がビジネスモデル・マッピングの肝を紹介します
『実践ビジネスモデル・マッピング』
【日時】2015年6月12日(金)13:00~17:00
【講師】キュー・エム・コンサルティング社長(公認会計士)松原 恭司郎 氏
【受講料】23,760円(資料代、著者書籍贈呈、消費税込)
セミナーのご案内はこちら

松原恭司郎  著者プロフィール

(まつばら きょうしろう)
キュー・エム・コンサルティング取締役社長。公認会計士、情報処理システム監査技術者。現在、中央大学大学院国際会計研究科特任教授(2008年より)、東北福祉大学兼任講師(2009年より)も務めている。国際会計事務所系コンサルティング会社などを経て1992年に独立。バランス・スコアカードを活用した戦略マネジメントと業績管理、ビジネスモデル、そしてERP、S&OP関連の研修、コンサルティング業務に従事。ERP研究推進フォーラム設立10周年に当たる2007年に同フォーラムへの貢献に対して感謝状を受ける。BSCフォーラムを2001年に設立し2010年まで会長を務める。
主な著書に『松原流:戦略マップ/BSC実践教本』 (2010)、『S&OP入門』(2009)、『図解ERPの導入』(1997)いずれも日刊工業新聞社、などがある。

連絡先:matsuqmc@blue.ocn.ne.jp

目次

はじめに


第1部 ビジネスモデル・マッピングの基礎 ~ビジネスモデル解析の武器を手に入れよう
第1章 ビジネスモデルの正体に迫る 
    …「建付け」と「手本」
第2章 ビジネスモデル・マッピングのツールを手にする 
    …「BM-Tree」と「BM-Map」

第2部 ビジネスモデル・マッピングの実践(パートⅠ) ~注目企業のビジネスモデル(建付け)を解析してみよう
第3章 〈Case〉アップル 
    … iPodシリーズから始まったビジネスモデル・イノベーション
第4章 〈Case〉サムスン電子 
    …多様なグローバル市場にカスタマイズした価値を提案
第5章 〈Case〉アマゾン 
    …幾多の業界を飲み込む大河のごとく
第6章 〈Case〉ゼロックス 
    …ビジネスモデル・イノベーションのたゆまぬ実践
第7章 〈Case〉コマツ 
    … ICTで顧客をがっちり囲い込む

第3部 ビジネスモデル・パターンの理解 〜「手本」を学び引き出しを増やそう〜
第8章 ICTが加速させたビジネスモデル・パターン 
    …フリー、ロングテール、MSP、シェア
第9章 バリューチェーン革新のビジネスモデル・パターン 
    …マス・カスタマイゼーション、ハイブリッド・ソリューション、オープン・イノベーション
第10章 賢人が教える二十三種の「プロフィット・モデル」 
    …ビジネスモデルの古典から学び取る

第4部 ビジネスモデル・マッピングの実践(パートⅡ) ~注目業界のビジネスモデル(建付け)対決を見てみよう
第11章 衣料品業界のビジネスモデル対決 
    …ユニクロ vs. ZARA
第12章 航空業界のビジネスモデル対決 
    …LCC vs. FSA

第5部 ビジネスモデル・マッピングのプロセス ~ビジネスモデルの評価、イノベーション、そして戦略連携
第13章 ビジネスモデルを評価する 
    …「測定できないものは管理できない」
第14章 ビジネスモデルをイノベートする 
    …革新的なビジネスモデル構築の思考法
第15章 ビジネスモデルと戦略を連携させる 
    …「ビジネスモデル・ベースの戦略アプローチ」のすすめ

むすびに代えて
主要参考文献

はじめに

ビジネスモデルにこんな疑問を持っていませんか
ビジネスモデル、事業モデル、収益モデル、利益モデル、儲ける仕掛け…、その表現は様々ですが、本書のテーマである「ビジネスモデル」という言葉を経済記事で見かけない日はありません。その背景には、グローバル化やICT(情報通信技術)の進展により、企業を取り巻く環境が厳しさを増し、アップル、アマゾン・ドット・コムなどの米国企業の台頭、サムスン電子を始めとする韓国、台湾、中国のアジア勢の躍進が、日本企業に単に高品質な製品を作るだけではない、ビジネスモデルの再構築の必要性を迫っていることが挙げられます。
 本書『ビジネスモデル・マッピング教本』は、ビジネスモデルに関する皆さんの次のような疑問にお答えし、ビジネスモデルを見える化し、改良し、革新し、そして戦略へとつなげるお手伝いをすることを目的としています。
【ビジネスモデルに関する素朴な疑問】
✓ なぜ、ソニーはアップルに革新性のお株を奪われてしまったのか? …ソニーには携帯プレイヤー、コンテンツ事業がそろっていたにも拘らず。
✓ なぜ、日本の大手家電メーカーは、サムスン電子の財務業績に及ばないのか? …パナソニック、ソニー、シャープは技術力と品質に定評があるにも拘らず。
✓ なぜ、ユニクロは2013年8月期に売上高一兆円の達成を見込めるのか? …百貨店の衣料品売上高は過去13年連続減少しているにも拘らず。
✓ なぜ、格安航空会社(LCC)はあの価格設定でやっていけるのか? …世界の伝統的な航空各社が軒並み経営難に陥っているにも拘らず。
【ビジネスモデルに関するやや突っ込んだ疑問】
✓ アップルのiPodのいわゆる「逆ジレット・モデル」は、天才スティーブ・ジョブスならではの創造物なのか?
✓ ファーストリテイリングが展開するユニクロ事業は、本当に「ファストファッション」モデルなのか?
✓ アマゾンの地球規模での大躍進は、「ロングテール」モデルの成功によるものなのか?
✓ ゼロックスが業界標準となった消耗品で稼ぐ「ジレット・モデル」の次に実践している次世代ビジネスモデルとは何か?
✓ LCCモデルは、格安なので離発着時間がルーズになるのは致し方ないという理屈は正しいか?

読者ターゲット
 経営企画、経営戦略、新規事業開発の担当など組織体の持続的成長のためにビジネスモデルの改良や創造に関心を持っている方々を対象としています。

本書の読者(顧客)価値提案
 〈ビジネスモデル・マッピング〉の実践的なフレームワークを使って、
・ビジネスモデルの経緯や構造をビジュアルに表現し、(ビジネスモデル・ツリー+ビジネスモデル・マップ)
・客観的に評価し、(ビジネスモデル・マップ+ビジネスモデル・ダッシュボード)
・改良やイノベーションを構想し、(ビジネスモデル・ツリー+ビジネスモデル・マップ)
・ビジネスモデルと経営戦略と連携できる(戦略マップ)ようになります。
 本書は、5部、15の章から構成され、そのうちの半分近い七つの章でケーススタディー形式を採用しています。成功事例をストーリー仕立てで紹介する書籍が日本でも数多く出版されるようになってきましたが、本書は従来のケース解説本とは異なり、「百聞は一見に如かず」のたとえにあるように、成功するビジネスのなぜを〈ビジネスモデル・マッピング〉のフレームワークを使ってビジュアルに解析していきます。このため、本書で取り上げたケースを読み進む過程で自然に〈ビジネスモデル・マッピング〉の手法とコツを身につけることができるでしょう。

本書の構成
 「第1部 ビジネスモデル・マッピングの基礎」では、ビジネスモデル思考の重要性と、本書が提案するビジネスモデル・ツリーやビジネスモデル・マップなどのビジネスモデル・マッピングのフレームワークを押さえます。
 これを受けて、「第2部 ビジネスモデル・マッピングの実践(パートⅠ)」では、アップル、サムスン電子、アマゾン、ゼロックスそしてコマツといったビジネスモデルの注目企業5社のケースを体験学習します。このアプローチにより、無理なくビジネスモデル・マッピングの要点を理解することができます。
 「第3部 ビジネスモデル・パターンの理解」では、フリー、ロングテール、MSP、シェアといったICTによって加速したビジネスモデル(第8章)、そしてマス・カスタマイゼーション、ハイブリッド・ソリューション、オープン・イノベーションなどのバリューチェーン革新のためのビジネスモデル(第9章)、そして二十三種の「プロフィット・モデル」(第10章)などの汎用レベルのビジネスモデル・パターンについて学習します。
 そして、「第4部 ビジネスモデル・マッピングの実践(パートⅡ)」では、今注目の衣料品業界(第11章)と航空業界(第12章)という二つの業界を取り上げて、代表する企業4社のビジネスモデルを解析していきます。
 「第5部 ビジネスモデル・マッピングのプロセス」では、単なる見える化だけではない、ビジネスモデルをマネジメントする方法を学習し、ビジネスモデルとバランス・スコアカード(BSC)との融合による「ビジネスモデル・ベースの戦略アプローチ」を紹介し、読者が従事する組織体の持続的成長へのヒントを提供します。
 さあ、あなたもビジネスモデル・マッピングを修得して、「ビジネスモデル・マッパー」の一員になりましょう。

買い物かごへ