買い物かごへ

東大で生まれた「○×」と「なぜ?」で進める究極の就活

定価(税込)  1,540円

著者
サイズ B5判
ページ数 140頁
ISBNコード 978-4-526-06950-5
コード C3034
発行月 2012年09月
ジャンル ビジネス

内容

「企業のビジネスに貢献できることを証明する」これができれば、確実に企業に貢献できる人材と判断され、内定を獲得することができるようになる。本書では職種で必要な能力などを「○:ある」「×:ない」で選択し、「○:ある」と選択した能力が「なぜ」備わっていると言えるかを説明していくだけで、効果的なエントリーシートを作成し、就職面接を確実に突破できる自己PRができるように構成されている。

今井正彦  著者プロフィール

(いまい まさひこ)
コンピューターサイエンス(株)執行役員
山城経営研究所 顧問
関西外国語大学英米語学科卒。日本アイ・ビー・エム(株)、IBMビジネスコンサルティングサービス(株)を経て現在に至る。大手企業経営改革、大手企業マーケティング戦略策定、総合大学経営改革、徳島県CIO補佐官、鳥取県最適化委員、内閣府行政刷新会議事業仕訳技術支援、民間企業新卒採用プロセス設計、就職支援システム設計、進路支援システム設計などを経験。
就職活動支援では、東京大学大学院コンピテンシーセミナー講師をはじめ、多数の大学の就職支援セミナー講師を経験。面接官として、IBMビジネスコンサルティングサービス、コンピューターサイエンスにて500人を超える新卒者の評価を行う。
研究・専門:経営戦略、マーケティング、営業戦略、人材育成、エンタープライズアーキテクチャ
著書:「東大で生まれた究極のエントリーシート」(中尾政之・今井正彦・山下忠紘・伊澤範彦、日刊工業新聞社、2011年)
趣味:ハーレーダビッドソンでの温泉と野宿の旅

目次

CONTENTS


序章 知っておいていただきたいこと
   ―就職活動とは、企業のビジネスへの貢献を約束する活動である  
・本当は、企業が新卒の学生を採用したいことを知っていますか?  
・コンピテンシー採用がどういったものかを知っていますか?  
・企業に採用されるためには、どうすれば良いか知っていますか?  
・就活の“負けパターン”に陥っていませんか?  

第1章 好きな職種を「○×」で選ぶ  
・職種と活動概要  

第2章 各職種の仕事内容と必要なコンピテンシーの有無を「○×」で確認する  
STEP 1 企業が求めるコンピテンシーについて理解する  
STEP 2 コンピテンシーとコンピテンシーが発揮されている状態を確認する  
STEP 3 志望する職種で求められるコンピテンシーを確認し、そのコンピテンシーを持っているかどうかをチェックする  
 ‐商社総合職  
 ‐銀行総合職  
 ‐損害保険会社総合職  
 ‐生命保険会社総合職  
 ‐旅行会社総合職  
 ‐法人向け営業(業界共通)  
 ‐商品企画(製造業・通信業・消費財共通)  
 ‐商品設計・開発(製造業)  
 ‐一般事務(業界共通)  
 ‐システムエンジニア   
 ‐ビジネスコンサルタント  
 ‐ゲームクリエーター  
 ‐セールスエンジニア  
 ‐記者(テレビ・新聞)  
 ‐書籍編集者  
 ‐雑誌編集者  
 ‐店頭販売―不動産  
 ‐店頭販売―不動産以外  
 ‐飲食店従業員  
 ‐旅行添乗員  
 ‐広報宣伝・IR  
 ‐経営企画  
 ‐秘書  
 ‐人事  
 ‐経理  
 ‐財務  
 ‐法務、知的財産管理  

第3章 「○」を付けたコンピテンシーを「なぜ?」持っているかを考える  

第4章 不足しているコンピテンシーの育成方法を「○×」で考える  
・コンピテンシー獲得方法  

第5章 企業に“貢献を約束する”最強の自己PRの作成  
STEP 1 志望職種の活動説明文を作成する  
STEP 2 志望職種で必要なコンピテンシーの説明文を作成する  
STEP 3 志望職種で必要なコンピテンシーのうち持っているコンピテンシーについてその理由を説明する  
STEP 4 志望職種で必要なコンピテンシーのうち持っていないコンピテンシーについてその克服方法を説明する  
STEP 5 自己PRを作成する  

第6章 最強の自己PRの使い方―エントリーシート編  
・エントリーシート設問例① 三菱商事  
・エントリーシート設問例② 三井物産  
・エントリーシート設問例③ 三菱東京UFJ銀行  
・エントリーシート設問例④ 三井住友銀行  
・エントリーシート設問例⑤ シティバンク  
・エントリーシート設問例⑥ 第一生命  
・エントリーシート設問例⑦ 東京海上日動  
・エントリーシート設問例⑧ 東日本旅客鉄道  
・エントリーシート設問例⑨ 日本コカコーラ  
・エントリーシート設問例⑩ カシオ計算機  
・エントリーシート設問例⑪ 日本アイ・ビー・エム  

第7章 最強の自己PRの使い方―面接編  
・志望動機に関する質問  
・自己PRに関する質問  
・将来のビジョンに関する質問  

おわりに

はじめに

本書の位置づけ

 2011年に出版した「東大で生まれた究極のエントリーシート」を使い就職活動を行った学生から、「志望する職種で必要とされるコンピテンシーを見極めるのは難しい」という声が多く聞かれました。この問題を解決するために職種ごとに必要なコンピテンシーの分析結果を本書に示すことで、より効率的に就職活動を進めることができるようにしました。
 本書では、まず「○×」によって自分がその職種が好きか嫌いかで職種を選択します。次にその職種で要求されるコンピテンシーの一覧から、あなたが持っているコンピテンシーと持っていないコンピテンシーを「○×」で選択することで、仕事の内容を理解しながらあなたの適性がわかるようになっています。
 さらに「○」を付けたコンピテンシーを持っていることを証明するために、これまでの経験を「なぜ?」とワークシートに添って分析していくことで、エントリーシートや面接を確実に突破できる自己PRを作成できるように設計されています。
 本書は次に示す流れで最強の自己PRを作成できるように構成されています。
 コンピテンシーという言葉が何度も出てきましたが、ここでコンピテンシーとは何かについて説明しておきたいと思います。
 コンピテンシーは職務を遂行する際に直面する状況をコントロールし、期待される成果を安定的かつ継続的に出している社員が共通して保有している思考や行動の特性であると言われています。
 ハーバード大学の研究では、外交官に求められるコンピテンシーとしては「異文化に対する感受性が優れている」「環境対応力が高い」「どんな相手に対しても人間性を尊重する」「自ら人的ネットワークを構築するのがうまい」と定義されました。
 誤解されやすいのですが、厳密に言うと、コンピテンシーは仕事の中で必要とされる能力や技能とは異なります。
 「留学経験がある」「英語ができる」などはコンピテンシーを持つきっかけにはなるかもしれませんが、コンピテンシーではありません。また、このような経験があるからといってその人が外交官で求められるコンピテンシーを持つわけではありません。留学経験がなくとも前述したような外交官に求められるコンピテンシーが他の経験から身についている人は多いでしょう。
 職種で要求されるコンピテンシーを持っていることを証明できれば、職種で要求される成果を継続的に出し続けることができることを示すことができ、企業のビジネスに貢献できることを約束することになります。
 本書では企業はどんなコンピテンシーを求めているかをまず理解した上で、あなたの武器であるコンピテンシーの使い方を解説します。
 本書を通じて、あなたの強みを生かすことができる“適職”の内定を獲得することを期待しています。


2012年9月
今井 正彦

買い物かごへ