買い物かごへ

今日からモノ知りシリーズ
トコトンやさしいプレス加工の本

定価(税込)  1,512円

著者
サイズ A5判
ページ数 160頁
ISBNコード 978-4-526-06912-3
コード C3034
発行月 2012年07月
ジャンル ビジネス 機械

内容

プレス加工は自動車をはじめ機械、電機・家電など、幅広い分野で利用されており、モノづくりに大きく貢献している。本書は、著者の豊富な実務経験をベースに、プレス加工を一般の方にもわかりやすく解説したプレス加工の入門書。

山口文雄  著者プロフィール

(やまぐち ふみお)

1946年、埼玉県生まれ、松原工業㈱、型研精工㈱を経て、1982年、山口設計事務所設立、現在に至る。
すみだ中小企業センター技術相談員。
この間、日本金属プレス工業協会「金型設計標準化委員会」「金型製作標準化委員会」などの委員を兼務する。

著書:「金属設計標準マニュアル」(共著)新技術センター、「プレス加工のトラブル対策」(共著)、「プレス成形技術・用語ハンドブック」(共著)、「小物プレス金型設計」、「基本プレス金型実習テキスト」(共著)、「プレス順送金型の設計」、「プレス金型設計・製造のトラブル対策」(共著)、「図解プレス金型設計-単工程加工用金型編」以上 日刊工業新聞社

目次

第1章 プレス加工ってどんなもの?
1 プレス加工がなかったら 「自動車もテレビもなかったかも知れない」
2 プレス加工で形状を作る 「作りたい形状を工具に作る」
3 材料はなぜ変形し、形が作れるのか 「弾性と塑性」
4 プレス加工で使われる材料はどんなもの 「被加工材質と形状」
5 プレス製品に使われる材料特性と加工への影響 「被加工材の機械的性質の影響」
6 プレス製品に必要な力 「プレス加工力とプレス機械」
7 プレス関連の後加工 「洗浄・バリ取り・めっき・塗装 ほか」
8 プレス加工の兄弟たち 「板金・鍛造・スピニング」
9 プレス加工と他加工との比較 「切削・鋳造」
10 プレス部品はどこに使われているの① 「ハードディスク」
11 プレス部品はどこに使われているの② 「回路基盤」
12 プレス部品はどこに使われているの③ 「事務用品・機器」

第2章 プレス加工で何ができるの?
13 プレス加工の種類 「プレス加工でできること(要素)」
14 普通抜き加工 「材料を切り、形を作る」
15 精密せん断加工 「きれいな切り口面を作る加工」
16 曲げ加工 「曲げ変形を利用して、立体形状を作る」
17 円筒絞り加工 「板からつなぎ目のない円筒容器を作る」
18 角筒絞り加工 「板からつなぎ目のない角筒容器を作る」
19 張り出し加工 「材料を伸ばして形状を作る」
20 フランジ加工 「板の縁を折り、板を強化する」
21 バーリング 「穴の縁を立てる加工」
22 カーリング 「縁を丸めて、丈夫にする」
23 板鍛造 「板を潰して凹凸形状を作る加工」
24 接合加工 「プレス加工を利用した組立」

第3章 プレス加工の不具合現象も知りたい
25 抜きのバリとだれ 「きれいな切り口で作れるとよいのだが」
26 曲げのキズと割れ 「曲げ製品の外観と強度を損ねる要因」
27 曲げのスプリングバックと変形 「曲げたときに起こる曲げ角度変動」
28 絞りのしわと割れ 「絞り加工の代表的な不具合」
29 絞りの板厚変化 「絞り加工では各部の板厚は変化する」
30 成形の平面度 「浅い凹凸形状を作り、平面も確保する難しさ」
31 フランジ成形のしわと割れ 「形状強化に使うフランジ成形不具合に注意しよう」

第4章 プレスでの製品の作り方を知りたい
32 加工・品質・外観を考えて加工する 「プレス加工の最も基本となる加工の考え方」
33 制限のある加工 「加工限界を考慮して加工方法を決める」
34 製品形状から加工を工夫する 「加工力のバランスを取らないと形状が作れない製品もある」
35 製品の構成要素複数を同時加工する 「複合加工と呼ばれるプレス加工手段」
36 順送り加工 「ブランクをつなげ、加工と材料移動を交互に行う加工方法」
37 順送り加工しながら組み立てる「 部品加工と組立を同時に行う加工」
38 外形形状(ブランク)の作り方 「いろいろなブランクの作り方がある」
39 抜き順送り加工例 「順送り加工の基本となるもの」
40 曲げ単工程加工例 「プレス加工の中で最も多い形」
41 曲げ順送り加工例 「材料の安定と形状を作り、曲げるがポイント」
42 絞り単工程加工例 「絞りは歩留まりなどの関係から単工程加工が多い」
43 絞り順送り加工例 「順送り加工の中で絞り加工は難しいとされている」
44 成形加工例 「成形加工には工夫がいる」

第5章 プレスで使う金型にはどんなものがあるの?
45 プレス金型の構造はどうなっているの 「プレス金型の機能と役割について」
46 型構成部品とその役割 「金型を構成する部品の名称と役割について説明する」
47 単能型 「製品の構成要素ごとに作る金型」
48 複合型 「製品の構成要素、複数を同時に加工できる金型」
49 順送り型 「材料を移動させながら加工する金型」

第6章 プレス機械以外に必要な設備は何?(プレス機械と周辺機器)
50 プレス機械 「プレス機械の特徴と種類」
51 プレス機械の仕様 「プレス機械を使ううえで大事なもの」
52 材料送り装置 「材料の形により送り装置も変化する」
53 材料の給送装置(アンコイラ) 「コイル材を巻きほぐす装置」
54 材料レベラー 「材料のゆがみを取る装置」
55 ダイクッション 「プレス機械の補助圧力装置」
56 ノックアウト機構 「逆配置構造の上型に入り込んだ製品を型外に排出する機構」

第7章 プレス金型を使って製品を作る作業を知りたい(プレス作業)
57 プレス作業とは 「プレス作業は、準備、本作業、後片づけで成立している」
58 単工程加工と順送り加工 「工程ごとに加工を進める方法と材料から一気に作る方法」
59 単発加工と自動加工 「人が作業する加工と自動加工」
60 コイル材を使った自動加工 「最も効率のよいプレス加工が行える」
61 シート材の自動加工 「短尺材(シート材)の自動加工」
62 ブランク材を使った自動加工 「一つひとつ運んで行う自動加工」
63 製品回収 「プレス加工した製品の型内からの回収」
64 スクラップ処理 「スクラップ処理は意外と面倒なもの」
65 プレス作業と安全 「どのようなものにも完全はない」
66 プレス作業での異常の検出 「プレス作業時の加工不具合検出と対策」

【コラム】
●いろいろなプレス
●缶切り
●手品師とシミュレーション
●道具からシステムへ
●専門用語
●励み励まされ
●プレス金型

参考文献
索引

はじめに

 プレス加工は主に金属の板材を加工して形状を作ります。そして、その用途は非常に広く電子部品の小さなものから、自動車のボディのような大きなものまであります。分野で見ると、自動車、事務機、精密機器、家電・電気製品、電子部品・機器、事務用品、農機具、雑貨とあらゆる分野を網羅しているといっても過言ではありません。
 しかし、あまり目にすることは少ないです。それは商品を構成する部品として、内部に使われることが圧倒的に多いからです。
 プレス加工では互換性の高い部品を効率よく、適正なコストで生産できるところが魅力です。このことから、プレス加工部品なくしては成り立つことが難しいと考えられる商品はたくさんあるように思います。
 プレス加工は分野が広いため、電子部品を加工するプレス工場と大型の自動車部品のプレス工場を同じプレス加工をする工場と見ることに違和感を覚えるかもしれませんが、プレス加工の基本は同じです。発展の仕方が違っただけです。
 この本では、プレス加工とはからはじめて、プレス加工でできることから、よいことばかりはありませんよということで不具合についても解説しています。
 プレス加工では金型やプレス機械が大事です。主要な金型およびプレス機械と周辺設備についても解説しています。
 日常目にすることが少ないプレス加工のため、取っ付きにくいことがあるかもしれませんがプレス加工を知ると、プレス部品を見つけると、どのように作っているのだろうとか、これは○○加工でできているといったことに目がいくようになることを期待し、できればさらにプレス加工に深く入り込むきっかけになることを期待しています。

2012年4月
山口文雄

買い物かごへ