買い物かごへ

マンガで教えて…カイゼン君!
コストダウン

定価(税込)  1,296円

編著
ページ数 112頁
ISBNコード 978-4-526-06695-5
コード C3034
発行月 2011年05月
ジャンル ビジネス 生産管理

内容

マンガとやさしい解説で改善のノウハウを紹介するシリーズ。第4弾は、「コストダウン(原価低減)」を取り上げる。コストダウンは製造現場のみならず、開発、購買、管理部門などでも重点的に取り組むべき課題。本書は、商品のライフサイクル全般を対象にし、各段階でのコストダウンを解説する。

岡田貞夫  著者プロフィール

(おかだ さだお)
1938年生まれ。
岡田技術経営コンサルタント代表。
技術士(機械)、中小企業診断士、職業訓練指導員などの資格を持ち、岡山大学産学連携コーディネータ、中国職業能力開発総合大学などの講師としても活躍中。

◎主な著書
「絵を見て進めるコストダウン」(日刊工業新聞社)
「続々目で見て進める工場管理」(日刊工業新聞社)
「トコトンやさしいトヨタ生産方式の本」(共著、日刊工業新聞社)
「マンガで教えて…カイゼン君!トヨタ生産方式」(共著、日刊工業新聞社)
「マンガで教えて…カイゼン君!トヨタ式作業改善」(日刊工業新聞社)など多数。

目次

はじめに
プロローグ

第1章 コストマネジメント
1 原価低減とトヨタ生産方式
2 PDCAとABCDを回そう
3 原価企画、目標原価、基準原価
4 売価は市場相場で決まる
5 全員参加の「総原価低減活動」
6 製品コストと原価低減のための改善手法

第2章 開発・設計と生産準備
7 環境配慮設計とユニバーサルデザイン
8 編集設計の取組みとモジュール化の推進
9 設計ミスをなくすコストダウン設計の進め方
10 5Sは工場管理の基本
11 平準化してモノをつくる  
12 欠品をなくし、タイムリーに供給
13 旧来設備を活用し、機械修理は自らの手で

第3章 製造工程のコストダウン
14 生産性向上の本当の意味
15 究極の小ロット生産「混流1個流し生産」
16 現場のムダをトコトン排除する
17 「取りに行く、運ぶ、探す」を減らせ
18 目で見る管理とそのツール
19 セル生産方式で自己完結をめざす
20 多台持ちより多工程持ちを
21 まずは作業改善、設備改善はその次
22 ラインバランスの改善と段取り時間の短縮
23 品質保証の考え方と全数検査の合理化

第4章 物流・販売コストと消費・サービス
24 物流・販売業務の生産性向上
25 物流コストとロジスティックス
26 配送の合理化と環境負荷軽減
27 マーケティングの展開
28 ジャスト・イン・タイム納品
29 サービスそのものの原価低減はできない
30 ビフォアサービスとアフターサービス

第5章 廃棄物処理と環境保全コスト
31 商品の省エネルギーと維持費低減
32 LCAは環境負荷コスト決定の物差し
33 環境リスクと廃棄・環境コスト
34 廃棄物処理と資源有効利用の促進
35 リサイクル:地球上の限りある資源の有効利用
36 循環型社会の構築   

参考文献
索引

はじめに

はじめに


 少子高齢化、消費者ニーズの多様化、産業構造のグローバル化、地球環境保護への取り組…など経済環境は大きく変貌しています。そして中国をはじめとする発展途上国からの輸入は増大し、製造業の空洞化につながっています。とはいえ、日本経済はモノづくり抜きには考えられません。
 では、日本のモノづくりは何を活路にしていけばよいのでしょうか。それは顧客ニーズがさらに多様化していく中で、これに対応する高品質の製品を短期間で顧客に届けること、さらに売価を低く抑え、価格競争に打ち勝つことが、今後各企業の命題となります。
 この意味でも原価低減(コストダウン)は最も重要で確実な企業活動であり、製造現場のみならず開発、購買、管理部門などにおいても最大のターゲットです。ただ、これまではコストダウンというと販売価格を考えた取組みだけでしたが、最近ではリサイクルしやすい処理法や費用までを考えなければならなくなってきました。つまり総合的なコストダウンが求められる時代になってきたわけです。
 本書は、このような時代に現場のコストダウンのテキストとしてご利用いただけるようマンガでやさしく解説しています。すでに出版されている『マンガで教えて・・カイゼン君!トヨタ生産方式』『同作業改善』と併せてご活用いただきたいと考えています。本書が工場経営者、現場の管理・監督者、スタッフの皆様のお役に立てば幸いです。
2011年5月  岡田貞夫

買い物かごへ