買い物かごへ

目で見てわかる旋盤作業

定価(税込)  1,728円

著者
サイズ A5判
ページ数 128頁
ISBNコード 978-4-526-05984-1
コード C3053
発行月 2007年12月
ジャンル 機械

内容

写真(図表)を多用して、作業の内容を視覚的に理解させるように企画したシリーズの第一弾。旋盤やバイト、加工作業の手順などを克明に写真に収め、わかりやすく解説する。「旋盤とはどんな作業で、どのような工具を使い、どのように行うのか」ということがひと目でわかる。

澤 武一  著者プロフィール

澤 武一(さわ たけかず)
博士(工学)、1級技能士(機械加工職種、機械保全職種)
職業訓練指導員(機械科、メカトロニクス科ほか)

1977年3月 滋賀県生まれ
2005年4月 職業能力開発総合大学校 精密機械システム工学科 助手
2005年6月 富士フイルムグループ フジノン佐野株式会社6ヶ月実務研修
カメラ鏡筒部品の切削加工、レンズ金型の超精密加工を学ぶ
2005年〜 中央職業能力開発協会技能検定委員[仕上げ職種]
2006年〜 若年者ものづくり競技大会「フライス盤」競技委員
2007年〜 技能グランプリ「フライス盤」競技委員

所 属
精密工学会
 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員
砥粒加工学会
 学会誌編集委員副幹事
 若手会(通称:山椒魚)運営委員

専門分野
砥粒加工、切削加工、超精密加工

著 書
「絵とき 旋盤加工 基礎のきそ」(日刊工業新聞社)
「絵とき フライス加工 基礎のきそ」(日刊工業新聞社)
「目で見てわかる機械現場のべからず集(旋盤作業編)」
(日刊工業新聞社)

目次

はじめに 1

第1章 旋盤ってなに?
1-1 旋盤とは
1-2 旋盤の動き
1-3 旋盤加工の様子
1-4 いろいろな工作機械
1-5 旋盤の縦と横
1-6 旋盤の構造
1-7 旋盤の各部の働き
1-8 旋盤作業で使われる専門用語を学ぼう
1-9 NC旋盤ってなに?
1-10 カスタム(操作型)旋盤ってなに?

第2章 バイトってなに?
2-1 バイトとは?
2-2 バイトの各部の名称
2-3 バイトの種類と加工

第3章 切削条件ってなに?
3-1 切削条件とは?
3-2 切削速度

第4章 旋盤作業をやってみよう
4-1 安全第一
4-2 旋盤を点検しよう
4-3 ハンドル操作に慣れよう
4-4 主軸を回転させてみよう
4-5 往復台・刃物台自動送り・ねじ切りハーフナットレバーに慣れよう
4-6 工作物を取り付けてみよう
4-7 バイトを取り付けてみよう
4-8 切削条件を決めよう
4-9 外径加工をしてみよう
4-10 測定器を使って寸法を確認しよう
4-11 掃除はしっかりと!!

ひとくちコラム
旋盤の生みの親って誰?
技能オリンピック
刃物台のきさげ面を見せてはいけない!!
チャックの種類
加工面(仕上げ面)の心出し
2点心出しとは?

あとがき
参考文献
索引

はじめに

私が勤務する職業能力開発総合大学校では、職業訓練指導員(高度な専門知識と実践力を持った技術・技能指導員)を養成しています。私は、機械加工実習を担当していますが、どのようにしたら、学生たちに機械加工の「魅力」と「勘どころ」を伝えることができるか日々試行錯誤しています。このように考える中で、実習指導のツールとして「映像」を用いることにしました。映像を用いた指導方法は、従来、スポーツなどの指導で取り入れられていますが、機械加工の技能教育に使用されることはあまりなかったことだと思います。

映像の具体的な活用方法は、旋盤に固定したCCDカメラで学生の実技作業を撮影し、撮影した映像をプロジェクタに映します。そして、この映像に旋盤加工や段取り作業など要点となるポイントについて説明を行います。

この方法を導入したことにより、学生たちは、自身の姿を客観的に見ることで視野が広がり、従来では気付くことのなかった「段取りや作業性の悪さ」などの自身の無駄な動きに気付き、自ら改善するようになりました。また、指導者である私も、映像を見ながら指導することで、「学生の細かい手の動き」などこれまでには指導できなかった多くの点に気付くようになりました。

このような映像を使った指導により、技能教育には、指導者、学生の両者に「気付き!」が重要であると感じ、この「気付き」が「技能の勘どころ」ではないかと思うようになりました。

これまでの技能教育は、「模範実技を見せながら手順を説明する」という方法でしたので、学生の顔をほとんど見ることができませんでしたが、映像を用いた指導方法では、指導者と学生が映像を共有し、同じ目線で話し合えるのも利点だと思います。

さらに、デジタル化された「映像」は、繰り返し確認することができ、学生たちの自学自習支援ツールとしても有効です。テレビやゲームなど映像世代に育った若者たちには、実際に目で見る情報よりも、映像、画像から目に入る情報の方が理解しやすいのかもしれません。

ここで紹介させて頂いた映像を用いた技能教育の取り組みは一例として、今後の技能教育には新たな試みが肝要であり、若い世代に適した教育・訓練システムを考える必要があるのではないかと考えています。

このような見地のもと、この度、「絵とき 旋盤加工 基礎のきそ(日刊工業新聞社)」のさらに入門編として、「目で見てわかる旋盤作業」を執筆させて頂きました。本書は、書名の通り「目で見てわかる」ことを大切にし、旋盤作業に関する写真を大きく貼り付けております。

これから旋盤加工を始める方、旋盤加工に興味を持った方に、本書を通じて少しでも旋盤加工について「わかった」と思って頂けたら大変嬉しく思います。

澤 武一

買い物かごへ