現在在庫がありません

基礎から学ぶ実践プレス加工シリーズ
プレス成形シミュレーション
CD-ROM付き

定価(税込)  2,700円

編者
著者
サイズ A5判
ページ数 108頁
ISBNコード 978-4-526-05129-6
コード C3053
発行月 2003年05月
ジャンル 金属 機械

内容

プレス成形加工における力学的アプローチの入門書、専門書は少なくないが、成形シミュレーション導入時の準備、結果評価、問題点の判断と対策を解析した文献は本書が初めてと言ってよい。添付のCD-ROMが理解を助ける。

目次

目次

はじめに●i

編集委員会●ii

第1章 成形シミュレーション

1.1 成形シミュレーションの概要●1

1.1.1 成形シミュレーションとは 1

1.1.2 成形シミュレーションの効果 3

1.1.3 成形シミュレーションの適用成功例 5

1.2 成形シミュレーションの現状●6

1.2.1 成形シミュレーションの歴史 6

1.2.2 成形シミュレーションソフトウェア 7

1.2.3 世界の成形シミュレーション 9

1.3 成形シミュレーションシステム●10

1.3.1 成形シミュレーションのシステムの概要 10

1.3.2 プリ・プロセッサー 12

1.3.3 ソルバーシステム 15

1.3.4 ポスト・プロセッサー 17

1.4 CADデータ●18

1.4.1 CADデータについて 18

1.4.2 データ交換における課題 19

第2章 弾塑性有限要素法の基礎

2.1 材料の特性●21

2.1.1 試 験 片 21

2.1.2 引張り試験 22

2.1.3 加工硬化特性 23

2.2 応力とひずみ●25

2.2.1 応 力 25

2.2.2 釣合いの式 26

2.2.3 ひ ず み 28

2.3 塑 性●30

2.3.1 降伏条件 30

2.3.2 塑性流れ則 32

2.3.3 弾塑性構成式 33

2.4 仮想仕事の原理式●35

2.4.1 仮想仕事の原理式 35

2.5 有限要素法●36

2.5.1 有限要素近似 36

2.5.2 有限要素メッシュ 38

2.5.3 三角形要素の形状関数 39

2.5.4 Bマトリクス 40

2.5.5 Dマトリクス 41

2.5.6 剛性方程式の作成 42

2.5.7 連立一次方程式の解法 44

2.6 計算アルゴリズム●46

2.6.1 Rmin法 46

2.6.2 静的陽解法アルゴリズム 47

2.7 数値計算法の補足●48

2.7.1 アイソパラメトリック要素 48

2.7.2 数値積分(numerical integration) 50



第3章 成形シミュレーションソフトの実際

3.1 プリ・プロセッサー(Pre-Processor)の操作●52

3.1.1 プリ処理の流れ 52

3.1.2 プリ・プロセッサーの操作例工程情報設定 53

3.1.3 材料情報設定 54

3.1.4 工具情報設定 56

3.1.5 ビード・トリム情報設定 58

3.1.6 境界条件の設定 60

3.2 材料DBへの材質登録●61

3.2.1 基 本 61

3.2.2 物 理 量 62

3.2.3 特性値の計算 63

3.3 ポスト・プロセッサー(Post-Processor)の操作●65

3.3.1 材料表示 65

3.3.2 工具表示 66

3.3.3 アニメーション機能 67

3.3.4 物理量表示機能 68

3.3.5 プローブ値表示 69

3.3.6 断面表示 70

3.3.7 材料重ね合せ機能 71

3.3.8 スプリングバック量測定 72

3.3.9 結果の判定法 73





第4章 成形シミュレーション適用事例

4.1 成形シミュレーションを適用した成形性検討事例●75

4.2 実自動車部品でのプレス成形シミュレーション適用事例●81

4.3 パイプベンダーの解析事例●86

4.4 ハイドロフォーミング解析事例●91



索 引●95

現在在庫がありません