買い物かごへ

SCIENCE AND TECHNOLOGY
有機ELのはなし

定価(税込)  1,944円

著者
サイズ B6判
ページ数 192頁
ISBNコード 978-4-526-05062-6
コード C3054
発行月 2003年01月
ジャンル 電気・電子

内容

EL(Electro Luminesence)は、光源を必要としない自発光タイプのディスプレイとして薄形、軽量に加え、液晶の1000倍という応答表示速度を活かし携帯電話やPDAなど、期待が大きいもの。本書は、有機ELの原理、特性からディスプレイのしくみをやさしく解説するとともに、今後の応用展開を紹介した最新の入門書。

目次

目次
はしがき i
1 はじめに 1
  1.1 ルミネッセンス(luminescence),有機エレクトロルミネッセンスとは 2
 1.2 ルミネッセンスの基本過程 5
 1.3 分子と高分子 9

2 有機物質の電子状態と発光 11
 2.1 ダイヤモンドとグラファイト 12
 2.2 エレクトロニクスの基本 電流はなぜ流れるか 15
 2.3 単結合と二重結合 18
 2.4 炭素の電子状態と結合 20
 2.5 π電子と機能性 25
 2.6 凝集状態の炭素 28
 2.7 光の波長と色およびエネルギーの関係 30
 2.8 蛍光と燐光 33
 2.9 有機物質への電荷注入とエレクトロルミネッセンス 36

3 有機ELの素子構造 41

4 有機EL材料 53
 4.1 低分子発光材料 56
 4.2 高分子発光材料 61
 4.3 燐光材料 75
 4.4 複合材料 79
 4.5 電荷輸送材料 84

5 有機ELデバイスの作製と駆動法 89
 5.1 カラー有機ELの方式 89
 5.2 有機ELデバイスの作製 95
 5.3 有機ELデバイスの駆動法 103

6 有機ELの効率 113

7 有機ELの劣化と長寿命化 119

8 有機ELデバイスと液晶デバイスおよびプラズマディスプレイ 123

9 有機レーザー 131

10 有機ELの新たな応用と将来性 145

参考文献 153
索引 159

買い物かごへ