買い物かごへ

放射線防護の基礎
−第3版−

定価(税込)  3,024円

著者
著者
サイズ A5判
ページ数 224頁
ISBNコード 978-4-526-04733-6
コード C3050
発行月 2001年03月
ジャンル 環境

内容

2001年改正されたわが国放射線関連の法令に鑑み,用語や単位を改訂.不要事項を削減し新事項を追加. 項目 歴史 放射線防護の基本的考え方 線量 測定 健康影響 基準 手段 健康管理 事故と緊急時対応 廃棄物の処理・処分 法令 教育・訓練

辻本 忠  著者プロフィール

(つじもと ただし)

昭和32年 新潟大学理学部卒業
        京都大学原子炉実験所助教授
        (財)若狭湾エネルギー研究センター研究部 部長現  在   (財)電子科学研究所 専務理事

草間朋子  著者プロフィール

(くさま ともこ)

昭和40年  東京大学医学部保健学科卒業
         東京大学医学部放射線健康管理学教室助教授
現  在    大分県立看護科学大学学長

目次

まえがき
第3版第2刷刊行にあたって

第1章 放射線防護の歴史
  1.1 放射線防護の歴史
  1.2 放射線防護の組織的な活動の歴史
  1.3 線量限度に見る放射線防護の歴史
  1.4 放射線影響・障害と放射線防護の歴史
  1.5 放射線防護の今後

第2章 放射線利用の歴史
  2.1 放射線利用の前期(黎明期) (1895~1900)
  2.2 放射線利用の中期(発展期) (1900~1945)
  2.3 放射線利用の後期(開花期) (1945~2000)

第3章 放射線防護の基本的考え方
  3.1 放射線防護の目的
  3.2 放射線防護の目標を達成するために
  3.3 放射線防護の責任
  3.4 被ばく対象の区分と放射線防護
  3.5 放射線防護に関する組織

第4章 放射線防護に用いられる線量
  4.1 国際単位系
  4.2 電子ボルト
4.3 線エネルギー付与
  4.4 放射能
  4.5 吸収線量
  4.6 照射線量
  4.7 空気カーマ
  4.8 (粒子)フルエンス
  4.9 生物学的効果比
  4.10 等価線量
  4.11 放射線荷重係数
  4.12 実効線量
  4.13 組織荷重係数
  4.14 預託等価線量
  4.15 集団等価線量
  4.16 線量預託
  4.17 実用線量

第5章 放射線防護のための測定
  5.1 はじめに
  5.2 個人被ばく線量の測定器
  5.3 空間放射線量率の測定器
  5.4 内部被ばくの測定

第6章 放射線の健康影響
  6.1 放射線による人の健康影響に関する歴史
  6.2 放射線の健康影響の特徴
  6.3 放射線の健康影響の分類
  6.4 各臓器・組織の確定的影響
  6.5 放射線被ばくと確率的影響(放射線誘発および遺伝的影響)
  6.6 低線量、低線量率に関する生物影響・健康影響に対する考え方

第7章 放射線防護の基準
  7.1 放射線防護基準の分類、種類
  7.2 国際機関の勧告等と放射線防護基準
  7.3 日本の放射線防護関連法令における放射線防護基準(線量限度)
  7.4 事業所等での基準

第8章 放射線防護の手段
  8.1 作業者地震が行うべき防護手段
  8.2 事業所の責任者が行うべき防護手段
  8.3 事業所以外の組織が行うべき防護手段

第9章 放射線作業者に対する健康管理
  9.1 放射線管理における健康管理の役割と目的
  9.2 放射線業務従事者(あるいは放射線診療従事者)に対する健康診断
  9.3 健康診断後の事後措置、就業制限
  9.4 放射線作業者に対する保健指導、健康相談等

第10章 原子力・放射線施設の事故と緊急時対応
  10.1 原子力、放射線施設等の事故
  10.2 事故の際の放射線被ばく
  10.3 大規模放射線事故の際の防護の考え方と介入措置
  10.4 日本における原子力防災対策
  10.5 放射線事業所で以上事象が発生した場合の対応

第11章 放射性廃棄物の処理・処分
  11.1 放射性廃棄物の管理
  11.2 放射性気体廃棄物の処理
  11.3 放射性液体廃棄物の処理
  11.4 放射性固体廃棄物の処理
  11.5 放射性廃棄物の処分

第12章 放射線防護に関連した法令
  12.1 原子力基本法
  12.2 原子力基本法に関連した法体系
  12.3 労働基準法関係
  12.4 公害対策基本法
  12.5 輸送関連法令
  12.6 医療関係法令
  12.7 その他
  12.8 各事業所の組織

第13章 放射線に関する教育・訓練
  13.1 教育・訓練の概要
  13.2 事業主が行う現場教育・訓練

資 料
  1. ICRP Publicationの一覧表
  2. 放射線に関連した単位と定義
  索  引



 
 

買い物かごへ